• 東京2020
  • コラム

みんなの想いを1つにするグラフィックのチカラ

Congrats!
SHIBUYA BOY DAICHI!
日本代表平昌オリンピック2018
スキーフリースタイル男子モーグル 原 大智 選手
 

銅メダル獲得おめでとうございます!2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催される渋谷区から
初めてのオリンピアン・メダリストが誕生!平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)フリースタイルスキー男子モーグルで
銅メダルを獲得した原大智選手のメダル報告会が
29日、原選手の母校である東京・渋谷区の広尾中にて開催されました。

報告会には、母校となる広尾小学校・中学校の児童とその保護者、
その他区内の小・中学生、区報で知った区民など約400人が集まり、原選手の祝勝を祝いました。
原大智選手は、今回の平昌五輪メダル第1号、モーグル男子日本初のメダル獲得の功績として、
渋谷区として新設された渋谷区区民栄誉賞の受賞者第一号として表彰されました。

 

原選手からは、
「努力は報われるという言葉はあまり信じていなかった」という原選手。
「皆が人より努力しようとしているのにメダルを取れるのは3人しかいないし、
その3人の中に入れるかは分からかった。
この1年間、辛くて辞めたくて競技が楽しくなかった時期も訪れた。
でも、本当に昔からの夢だった五輪に出て
金メダルを絶対取るんだという気持ちは変わらず、
五輪までは全力で頑張るとやってきた。
その結果が銅メダルという偉業を達成でき、
その瞬間に努力は報われるという言葉を信じられた」と話した。

 

長谷部健区長は「まさか都会である渋谷区から冬季オリンピックの
メダリストが誕生するとは、正直夢にも思っていなかった」と驚きを表現し、
五輪開催前の表敬訪問時に「『金メダル狙う滑りをする』と強い宣言をしていたので、
大きな期待を持っていた。見事な滑りを見せて多くの皆さんに勇気と希望と、
夢を与えてくれたのでは。本当におめでとうございます」と祝いの言葉を贈った。

 

長谷部区長は
「この賞を励みに糧に、北京でもまた渋谷を愛する人に夢と希望を与え続けてほしい」と期待を込めた。
 
以前より長谷部区長は、渋谷区民から愛されるローカルスターが誕生してほしいと願っており、
まさに原選手はそれを体現し、渋谷区を代表するスターとなりました。
2020年に向け、渋谷区から原選手に続く、
SHIBUYA BOY、SHIBUYA GIRLが誕生することを願います。

 

 

 

渋谷区では、原選手の銅メダル獲得を祝い、
これまでに渋谷区の街中に掲出された多くの応援・祝勝グラフィック。
応援ポスター・祝勝ポスター・横断幕・懸垂幕・ポストカードなど
これらのデザインは水谷事務所で手掛けられました。
 
報告会の会場にも、原選手を祝勝する横断幕やポスターがたくさん掲出されました。

 

 

 

報告会に来た方からも、この応援ポスターについてたくさんの感想を聞くことができました。

 

・この応援ポスターを見て、原選手のことを知り、応援しようと思った!

・このポスターの写真を撮って、多くの知人に送って、みんなで応援しました!



など、このポスターグラフィックが、みんなの思いをひとつにし、

ポスターとしての本当の役割が達成できたことを大変光栄に思います。

4年後の北京五輪大会に向けて、
みんなの思いを一つにし、原選手を応援し続けていきたい。

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ