• 笑顔の取材
  • 活動報告

大自然に広がる「ゾウの孤児院」


MERRY SRI LANKA!
今日は、クルネーガラから車で1時間半かけて、
ピンナラワにあるゾウの孤児院にやって来ました!

ここには、ジャングルで親を亡くしたり、親とはぐれてしまった子象、
けがをして野生に戻れなくなった象が保護されています。

4頭から始まった孤児院ですが、保護される象だけでなく、
孤児院内で暮らす象たちの間でも自然な繁殖があり、
現在では100頭近くの象が暮らしています。

島国スリランカには、もともと3万頭近くのアジアゾウが生息していたそうです。
ところが、1815年に英国の植民地となって以来、
アジアゾウは、1世紀近くにもおよぶ狩猟の犠牲となったり、
森の破壊で住処を追われてしまいました。

その過程で象たちが人間との間にトラブルを起こし、
やむなく殺されるなどのケースが続き、1960年代には絶滅寸前にまで減ってしまいました。

独立後のスリランカ政府は、少しでもアジアゾウの絶滅を食い止めるため、
1975年に初めて「象の孤児院」を設立しました。

傷ついた子象たちが、ストレスを感じることなくのびのびと成長できるよう、
広大な敷地内ではなるべく自由に過ごせるようになっています。

3歳以下の子象には、係員たちが毎日、
大きな哺乳瓶で7リットルのミルクをあげています。

象は1日2回、水浴びをするために川と孤児院の間を往復します。
午前10時と午後2時には、ゾウたちが次々と孤児院の門を出て大きな川へと向かいます。
川に入ったゾウたちは、水しぶきを上げて水浴びを楽しんでいました。
川の向こうには広大なジャングルが広がっていました。

スリランカの人たちは皆、ゾウが大好き!
お土産もゾウのグッズがいっぱいです。

このゾウの孤児院で、カナダ人のバックパッカーのロハスさんと出会い、意気投合!
レストランのシェフとも笑顔の傘で笑顔のコミュニケーションを実践しました。

まだまだ笑顔の旅は続きます!

MERRY SRI LANKAにご協力いただきありがとうございます!
主催:MERRY PROJECT 協賛:アズビル株式会社

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ