キングオブチャリティ.マイケルから受け継ぐ想い



「キングオブポップ、ロック&ソウル」と称され
伝説となったマイケルジャクソン。

彼の事をしらない人は、少ないだろう。

彼は今までに、累計8億枚以上の売り上げを誇り、
「Thriler」は、今では1億1千万枚以上売れていたりと
様々な世界最高の記録をいくつも保持しています。

しかし、マイケルジャクソンには、
もう一つの一面があります。

みなさんは、彼が『キングオブチャリティ』と
称されていることをご存知ですか?

「マイケルジャクソンは生涯で3億ドル(約281億円)を寄付。」

貧困や病気で苦しむ人々をはじめ、様々な施設、地域など
生涯を通して、多くのチャリティー活動を行なってきました。

名誉や、多くの人々からの歓声。

そんなものはありません。

彼が追い求め、願いつづけていたこと、
それは「世界の平和」
ただそれだけでした。

そんな、マイケルジャクソンの想いを
受け継ぎ、活動をつづけている人々が世界中には
たくさんいます。

今回のイベントの主役は、
日本で、マイケルの意思を伝えている
アースデイ with マイケルの皆さん。

二子玉川ライズ中央広場で開催された
LOVE FOR NIPPON CANDLE 11th~Love Picnic~にて、
アースデイwithマイケルと共に、MERRY PROJECTの笑顔の傘が出演!

4月14日に発生した、熊本地震。

「熊本に、歌とダンスで笑顔と平和を届けよう。」

心はずむダンスや、歌声とともに、
ステージから、熊本へ、
笑顔と平和を願い、エールをおくったアースデイ with マイケル。

今回のMERRY NEWSでは、
アースデイ with マイケル・代表 マイケルやもさんからいただいた
イベントレポートをご紹介します!!!

〈続きを読む〉から記事が続きます



<LOVE FOR NIPPON CANDLE 11th~Love Picnic~>
4月10日、二子玉川ライズ中央広場で開催された
LOVE FOR NIPPON CANDLE 11th~Love Picnic~に、
アースデイwithマイケルはMERRYの笑顔の傘とともに出演しました。

LOVE FOR NIPPONは、キャンドル・アーティストの
キャンドルJUNEさんが震災直後から行っている復興支援活動で、
現在でも毎月必ず、月命日の11日には福島 の仮設住宅を訪問、
現地の方々とのふれあいとともにキャンドルを灯すイベントを続けています。

このCandle 11thは、そんな福島での活動で学んだことを元に、
どこにいても人とのつながりや想い合うことの大切さを感じるために、
「たのしいね」「うれしいね」「おいしいね」「ありがとう!」という言葉をテーマに、
大人から子供まで楽しめる1日にしようと開催されています。

アースデイwithマイケルは、オープニングで登場し、
マイケル・ダンス・メドレーの後、集まったみなさんに、
3月11日に福島県郡山市で5年目の日を共 にしてきたことを報告し、
届けてきたメッセージをそのまま伝えました。

『5年前、 たくさんの人の命が失われ、 たくさんの人が大切な人を失い、
たくさんの人の日常が奪われ、 日本中が深い悲しみに暮れました。

「僕たちに何ができるだろう?」 世界一チャリティ活動を支援したスター、マイケル。
もしマイケルがいたら、この状況に心を痛めて、
きっと東北に来てくれていたでしょう。

チャリティ・ソングを作って励ましてくれたでしょう。
でも、マイケルはもう、遠く彼方の星になっていました。
僕たちがマイケルにかわって、東北のみなさんを笑顔にしよう。

こんな思いで福島でのふれあいステージを続けてきました。
これまでの5年の道のりの険しさは、計り知れません。
でも、そんな経験をしたみなさんだからこそ、
これからは世界中を笑顔に変えることができる。
そう信じています。

これからも僕たちは、そんなみなさんの応援をしてゆきたい。 』
そして、最後は笑顔の傘とともにウィ・アー・ザ・ワールドを歌い、
会場に集まったみなさんとひとつになりました。

この日はフックブックローのおにいさん谷本賢一郎さん、
MEGUMIさん、若旦那さん、TOSHI-LOWさんといった有名なアーティストやタレントが
た くさん集まり、満員の会場は笑顔でいっぱいになりました。 東日本大震災から5年が過ぎ、
ここ東京に集まったみなさんとも、思いを新たにしました。




<熊本地震復興チャリティ・ライブ> 4月14日から、熊本を中心とした
九州一帯で地震が続き、大きな被害が発生しました。


5月7日、アースデイwithマイケルはシンガーソングライターの庄野真代さんが
代表を務めるNPO法人国境なき楽団運営の下北沢のコミュニティ・カ フェ、
comcafe音倉で熊本地震復興チャリティ・ライブを開催しました。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
今も不安な思いで避難生活を続けているみなさまや、
お住まいのみなさまに、僕たちにも何かできることがあ ればと思い、
ささやかながら、このような場所を設けさせていただきました。

アースデイwithマイケルのライブをはじめ、
メンバーでゴールデンウィークに益城町でボランティアをしてきた坂本くん、
ヒールザワールド日本語版をつ くった勇気づけの音楽家松井美香さん、
走るマイケルとして東北の被災地のマラソン大会を走る元気配信UMJさん、
ダウン症を持ちながら日本を代表する書家 の金澤翔子さん、
R&BアーティストJUNさん、
東日本大震災で被災しながら支援を続けるくるみボタンアーティストTomoCoさんなど、

たくさ んの応援のトークをおりまぜた内容で会場に集まったみんなが思いを一つにしました。
MERRY PROJECTはチャリティ・ソックスで九州を元気にしたいという思いを
会場に集まった人たちに伝え、笑顔の傘で会場を元気付けました。

これから復興に向けたアクションもご一緒したいと思っています。

文:マイケルやも(アースデイwithマイケル)

 



素敵なMERRY NEWSの記事を寄稿してくださった、
アースデイ with マイケル・マイケルやも さん、
ありがとうございました!

今後も、MERRYな活動をお楽しみに!!!

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
購入する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ