• 笑顔の取材
  • MERRY CAMBODIA
  • 活動報告

32か国目・笑顔の旅 MERRY CAMBODIA


MERRY PROJECT
笑顔の取材 32か国目となるカンボジアへ出発。

カンボジア・プノンペンへは、
日本から飛行機で約5時間。時差は-2時間。

カンボジア笑顔の旅は
まず首都プノンペンからスタート!

MERRY CAMBODIA 1日目は、
プノンペン郊外にあるフリースクール
「カンボジア・愛センター」
ソーシャルコンパスの中村さんと一緒に向かいました。

この愛センターの近くには、ゴミ山があり、
そこでは昔、貧しい子どもたちが、
ゴミの自然発火による煙の中、
裸足や素手でゴミをあさって、生活をしている姿に衝撃を受け、
2005年に愛センターの代表の方が
カンボジアの子どもたちのために
フリースクールを立ち上げられたそうです。

今では、そのゴミ山にも緑が茂り、
昔ほどの劣悪な環境ではなくなったものの
貧困問題は続いています。
今でも愛センターの職員の方が
ゴミ山への出張授業を毎週行っているそうです。

今回は、ソーシャルコンパス・中村英誉さんとの
コラボレーションで、笑顔の出前授業を行いました。
中村英誉さんも、デザインとアートで社会を変えようとしている
ソーシャルデザインの先駆者です。

中村さんがデザインしたアンコールワットをイメージした
オリジナルキャラクター「ワッティ」が
歌やアニメーションで子どもたちに楽しく掛け算を教えたり、
手洗いやゴミ問題についてのことを
わかりやすくしたアニメーションムービーを使った授業。

この動画は、子どもたちの心をあっという間に掴み、
楽しく学べる動画に夢中になりました!
動画が終わると
「もっと見たい!もっと見たい!」と、
とても勉強熱心な子どもたちでいっぱいでした。

カンボジアの現状として
子ども達へ質の高い教育ができる先生が、まだまだ少ないということ。

カンボジアの子ども達は、勉強にとても熱心です。
子ども達の割合に対して、学校が足りておらず
ほとんどの学校は、生徒を入れ替えた2部制、3部制になっているそうです。

この愛センターに来ている子ども達も、
公立の学校に通いながら、この学校にも通っているそうです。

そして
中村さんのプラネタリウムのプロジェクト
私たちが住んでいる地球を描いてみよう!
というワークショップも行いました。
それぞれが思い描いた地球を
ドーム型のプラネタリウムに映写します。


楽しいアニメーションの授業で
たくさんのことを学んだら
今度は、みんなの笑顔を取材!

笑顔の撮影の後は、みんなで笑顔の傘を開きました!
初めて見る、笑顔の傘にみんな興味津々!
閉じては開いてを繰り返し、初めての体験に
子どもたちの心もウキウキ。

先生の 3.2.1 のカウントダウンの合図で
笑顔の傘を開きました!

カンボジアの子どもたちの笑顔は未来への希望です!

明日は、いよいよシェムリアップへ移動し、
アンコールワットを目指します。
続報をお楽しみに。

 

MERRY  CAMBODIA 活動詳細はこちら
http://www.merryproject.com/event/%e7%ac%91%e9%a1%94%e3%81%ae%e5%8f%96%e6%9d%90-32%e3%83%b6%e5%9b%bd%e7%9b%ae%e3%81%b8%ef%bc%81merry-cambodia/

MERRY CAMBODIA にご協力いただきありがとうございます!
主催:MERRY PROJECT 協賛:アズビル株式会社
協力:一般社団法人ソーシャルコンパス/ラストマイルワークス株式会社/
カンボジア・愛センター/小さな美術スクール Small Art School /Hope of Chirldren/
MERRY SOCKS/株式会社青森商事/ 株式会社カムアクロス/

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ