笑顔あふれるスリランカの学校オープン!

スリランカは快晴。MERRY日和。
今日はMERRY SRI LANKAのコーディネートをしてくださった、
スプートニクインターナショナルの新校舎のオープニングセレモニーイベントが開催!

素敵な円形劇場に、たくさんの人々が集まり、
スリランカの伝統舞踊であるキャンディアンダンスや、
子供たちによる合唱など様々な催し物が行われました。
会場はMERRYな空気でいっぱいになりました!


午前中に新校舎のオープニングセレモニーとしてテープカットが行われ、

スプートニクの創設理事であるエシャンタさんとTBSアナウンサーでもある秋沢淳子さんを筆頭に
仏教国であるスリランカならではの儀式を行いました。

今後、このスプートニクの新校舎は前校舎と共に
日本語教育と外国語教育の施設として使用されていく予定です。


イベントの前日にエシャンテさんからオープニングイベントについて相談を受け、
今後も多くの人が、この広場で子どもたちの教育の場になること、
笑顔のコミュニティになることがエシャンテさんの願い。

このオープニングセレモニーの会場となった円形劇場は、
もともとは駐車場にする予定だった土地を
エシャンタさんの希望で、円形劇場としてオープンしました。


この場所を笑顔でいっぱいに溢れさせて欲しいというエシャンテさんの希望に合わせて、
今回の新校舎竣工の目玉として完成した
円形劇場を世界中の子どもたちの笑顔の傘でいっぱいに埋め尽くし、
みんなで笑顔の傘を開きました。
園庭として解放された広場は、近隣の子供達が遊べるようにアスレチック器具や芝が整備してあります。


新校舎のお披露目を行なった後は、
改築された園庭にてスリランカの伝統舞踊であるキャンディアンダンスや、
子どもたちによる合唱など様々な催し物が行われました。


キャンディアンダンスの演者として出演してくれたラブィンドゥ君は
昨年の日本語スピーチコンテストにて最優秀賞にも選ばれた生徒だそうです。
また、日本の大学生と日本語学校の生徒たちによる盆踊りも見ることが出来ました。


この新校舎に通う子どもたちの笑顔も撮影。
スリランカの子どもたちの笑顔は、太陽のように輝いていました。
スリランカの子どもたちのはじけるような笑顔を、一人一人順番に撮影していきました。


午後からは、TBSのプロジェクト「デジコン6(DigiCon6 ASIA)による
ショートフィルムの上映会をスプートニクにて行いました。
このフィルム上映会は、スリランカで記念すべき13か国目のイベントとなったそうです。

近隣の子供達や、スプートニクガールズホームの子供達、
日本語学校の学生など100人弱 が集まり、
各国から集まったショートフィルムを鑑賞しました。
大きな上映会では、1つ1つの作品に対して
子ども達の笑い声が響き、とてもMERRYな良い空間でした。

上映会が終わると同時に、スコールが来襲。
雷雨が鳴り響き、停電になってしまいました。
まさに危機一髪。


子どもたちの笑顔は、未来への希望です。
教育こそ宝であり、未来にとっても、とても大切なことです。
身近な平和や幸福が、いずれ巡り巡って、世界の平和や幸福につながります。
地球はメリーゴーラウンドです。

スプートニクのような笑顔あふれる学校が、
スリランカに、そして世界に一つでも増えることを願っています。

MERRY SRI LANKA!

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ