MERRY SDGs XMAS. みんなでECOツリー!


12月22日(土)港区エコプラザで
エコなクリスマスオーナメントづくりを開催!

食べ終わったお菓子の袋や、
使い終わったプラスティックのスプーンなど、
普段だったら、使い終わったら捨ててしまうものをリユース。

完成したエコオーナメントは、
エコプラザに登場した約4メートルのSDGsツリーに
みんなで飾りつけました!


ワークショップを始める前に、
まずはみんなにMERRY PROJECTの活動についてのご紹介。
同時開催していたMERRY PROJECTの
笑顔の展覧会をみんなに見てもらいました。



世界中の子どもたちのメッセージについても紹介したり、
MERRY ART GARDEN 屋上農園などの環境活動など
SDGsのテーマも交えながら、説明をさせていただきました。

これらの展示物の出力協力をいただきました
富士ゼロックス様ありがとうございました!

今回のワークショップのテーマは
SDGs目標12番目の「つくる責任・つかう責任」。

このスプーンを捨てるのは簡単ですが、
みんなが捨てたゴミは、
海をどんどん埋め立てられたり、
燃やした時に排気ガスが出たり、
石油などの大切な資源を削って作られたものです。
このまま捨て続けていくと、地球温暖化や資源がなくなり
人が住めなくなってしまいます。

でも、普段は捨ててしまうものも
こんな風に再利用することで、
とっても面白いものができるんだよということを
みんなに知ってもらうためのワークショップ。

みんなの前には、今回のオーナメントの素材となる
ペットボトルのキャップや、プラスチックのスプーン、海外のお菓子の袋、
牛乳パックや落ち葉、木の小枝など、
たくさんのエコな素材がいっぱい!

子ども達は、切れっ端の折り紙やペットボトルキャップなどを使ったり
モールをよじったり、毛糸を綺麗に貼り付けたり、
お母さん・お父さんとの合作で独自のパーツを作ったり等、
想像力豊かなオリジナリティーあふれる作品に仕上がっていきました。


リサイクルできるもの、
リユースできることがないか考えて
みんなで無駄なものを減らしていき
ゴミを少しでも減らして
ものを大切に使ってもらえるような大人に成長してくれたら…

そのようなエコ心を伝えるために
オーナメント作りを通して、
子どもたちとお父さん、お母さんにも楽しく、
SDGsとリサイクルについて学んでもらいました!

そして完成した作品を持って
港区エコプラザのコミュニケーションキャラクター
Mecoちゃんのフォトブースで記念撮影!

みんなでツリーの前で集合写真を撮った後は
巨大なSDGsツリーに飾り付け。

お父さんに肩車をしてもらってオーナメントを取り付けたり
サンタおじさんに抱っこをしてもらったりして
たくさんのMERRYなエコオーナメントが飾り付けられました!

最後にMERRYなサンタさんから
クリスマスプレゼントのMERRY SOCKSが贈られました!
足元から暖かくなって、みんなが笑顔になってくれたらMERRYです。

MERRY SOCKSをご提供いただきました、
青森商事様神戸レザークロス様、ありがとうございました!

この日のイベントは全部で3回実施いたしましたが
どの回も皆さんにとても喜んでいただき、
たくさんの感想をいただきましたので、抜粋してご紹介させていただきます!

<参加していただいたみなさんからの感想抜粋>
・とてもかわいいおさらが作れてよかったです
・いろんなものでかわいいのがつくれてうれしかったです。
・紙皿にいろいろなものをつけたのがおもしろかった。
・家で育てている植物があって楽しかった
・ゴミですてきなオーナメントができてよかった
・すてきなクリスマスツリーのかざりができてうれしかった
・色の組み合わせなどアドバイスもしてくださりとても親切だった
・エコでこうさくができてうれしかった。なんじかんでもできそうです。
・自由な発想で作れたので満足でした。
・とても楽しくて良い経験になりました。
・また工作や地球を考えるイベントに参加したい。

今回、完成したESDツリーは、イベント終了後も港区エコプラザにて展示中!
クリスマスが終わった後は、お正月バージョンのツリーに変身予定です!
どうぞお楽しみに!

今回、クリスマスプレゼントに提供いただいた
MERRY SOCKS に関するニュースはこちら!

→「SHIBUYA 109より発売!MERRY SOCKS」のニュースはこちら
→ MERRY SOCKS 公式ウェブサイト
→ MERRY SOCKS 販売店<DOLL KISS>
→ MERRY SOCKS 販売店<美足華舞>

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ