作って学ぼう! SDGs🌏 笑皿づくりワークショップ


新型コロナウイルスの影響でマスクで笑顔が見えないこの時代だからこそ、
みんなの笑顔の花を咲かせるために
世界中の子どもたちの笑顔でいっぱいにして、
「笑顔のエール」をみんなに贈るため、
ジャズドリーム長島からMERRYな笑顔を発信しました!

館内で実施した、
笑顔を広げるSDGsワークショップでは、
ものづくりを通して、

SDGs .12「SDGs・つくる責任・つかう責任」
を学びながら、世界で一つだけの、
オリジナル笑皿アートづくりに挑戦!

15cmの紙皿をキャンバスにして お菓子の包み紙、
ペットボトルキャップ、布の端切れ、
余った毛糸など 普段は捨ててしまう素材をリユースして 笑顔のアートを作ることで、
「モノを大切につかう気持ち」などを育みました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

次回最終日!「笑皿づくりワークショップ」
●日時:7月4日(日) 10:00〜16:00
●会場:ジャズドリーム長島/ノースエリア1F・フレンチコート

詳細情報はこちら
http://www.merryproject.com/event/28845/

ーーーーーーーーーーーーーーー

<関連 MERRY NEWS>
希望の笑顔の花を咲かそう!MERRY SKY UMBRELLA!
http://www.merryproject.com/activity/20210626jazzkasa_op/

ーーーーーーーーーーーーーーー

アートの力は無限大です。
会場では、大人も子どもも夢中になって
自分だけのオリジナル笑皿を作っていきます。

世界中の笑顔に見守られ、
どんな素敵なアートが完成するか…
ワクワク ドキドキです!

真っ白だった紙皿のキャンパスが
みんなの想像力で、カラフルでPOPなアートに大変身!

どんなものでも、見方を変えるだけで、
こんなにも素敵なアートとして生まれ変わります。

最後は完成した笑皿と一緒に、
笑顔で記念撮影!

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

また、イベント中に制作されたみんなの「笑 皿 」は館内の展示スペースに展示!
様々な素材をリユースして制作された力作の数々を是非ご覧ください。

MERRYなシャッターチャンス
写真は笑顔のコミュニケーション
7歳で一眼レフカメラデビューした笑太郎くん。

デビューしたてとは思えない
綺麗なフォームでバシバシ
シャッターを切ってくれました。

笑太郎カメラマンにアドバイスしながら
最後、とても近くまで寄って
下から撮影してくれた写真が最高でした!

写真を上達させるには、どんどんワンテーマで
いろんな角度や距離を変えて枚数をたくさん撮る事が大事。

昔と違って今はデジタルなので、
どんどんシャッターを切って1枚でも多く撮影する。

カメラは好奇心が大切。
とにかく今までに見たことがないような角度で
景色を探すこと。

そうするといろいろな気付きを覚えて、
誰も見たことがない風景を探すことができる。

自分の存在を消して、透明人間になること。
そうすると相手が自然に笑顔になる。
そして自分が笑顔になれば、相手も笑顔になる。
まさに笑顔は鏡。

名前の通り、みんなを笑顔にする
MERRYなカメラマンになってくれたら嬉しい!


 

全3回となる「笑皿づくりワークショップ」最終日は、
●日時:7月4日(日) 10:00〜16:00
●会場:ジャズドリーム長島/ノースエリア1F・フレンチコート
にて開催!

詳細情報はこちら>
http://www.merryproject.com/event/28845/

楽しいを通して、SDGsを一緒に学びましょう!


<関連 MERRY NEWS>
希望の笑顔の花を咲かそう!MERRY SKY UMBRELLA!
http://www.merryproject.com/activity/20210626jazzkasa_op/

<メディア掲載中!>
http://www.merryproject.com/latestmedia/28832/

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
参加する
購入する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ