SDGsで繋がる.ネヲハルと明石の海「MERRY SDGs ACTION in AKASHI」




2022年6月12日(日)。
明石海峡と淡路島を臨みながら、
兵庫県明石市大蔵海岸にて、約100名の参加者と一緒に、
明石の海を通じて、楽しくSDGsを学ぶ、
「大阪・関西万博に向けたTEAM EXPO 2025 共創チャレンジ
「MERRY SDGs ACTION in AKASHI」を開催。

大阪・関西万博の気運醸成をテーマに、
20205年の開催にむけて、もう一つのテーマである、
SDGsを明石の海を通して学びました。

そしてよりSDGsをみんなに楽しく学んでもらうため
「みんなのSDGs」の読み聞かせを実施。

今日は、建築の鉄筋の技術を使った「ネヲハル」という
プロダクツを開発し、現在、木を植える活動を推進している
山形さんファミリーが「みんなのSDGs」を読み聞かせしてくれました。

読み聞かせの最後に、みんなに質問!
今日、楽しかったアクションを聞いてみると「ゴミ拾い、生き物探し」が楽しかったと
小さなお子さんも答えてくれました。

今回は、素敵な読み聞かせを行ってくれた、
山形さんと、ご家族の皆さんからのレポートを紹介します。


MERRY SDGsACTION in AKASHI レポート 
山形開発工業(株)/neoharu(ネヲハル) 
山形 隆三

私は、弊社環境事業部を立ち上げて、

「木を植える体験」を拡げる事業をしています。
neoharu→http://ymgt.co.jp/products/

今、TEAM EXPO 2025プログラム/共創チャレンジに

チーム『KIOUETAI』を登録し、積極的に万博へ参加をしています。

しかしながら、家庭でも、少しずつ万博の取組に協力をしてもらって
いましたが、
外出して参加することができずにいました。

今回、MERRY PROJECT様の活動にリアルで参加できることは、

私にとって、家族にとってもミラクルなことでした。

なぜなら、2025年大阪・関西万博というステージで、KIOUETAIの登録を行い、

TEAM EXPO 2025プログラムの公式サイトで
共創チャレンジチームのゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会様と出会い、

「おもてなし折り鶴」をドバイ万博へという企画から、
MERRY PROJECT代表の水谷様と出会えました。

決して考えて計画して出会える人ではない水谷様と出会い、

MERRY PROJECT様の活動に家族と一緒に参加は、本当にミラクル(奇跡)でした。

今回私の娘が参加した感想に、「地球には奇跡と奇跡が重なって生きている」とまさに、

人の思いとつながりが奇跡を起こし、より良い未来への道になると強く感じました。

受付では、念願の笑顔の傘を手渡していただき、
イベント会場まで笑顔の傘を開き、歩きました。
開いた傘を見上げれば、
笑顔が見える、同時に私も笑顔に!
開いた家族も笑顔に!
本当に感激しました。

そして開会式にリアル水谷さんが!!いました。
思わず握手を求めてしまいました!!

オンラインでお会いしていましたが、
リアル水谷さんに会えて大感激!!



いよいよイベント本番スタート。




本当に久しぶりの海、その先には明石海峡大橋が雄大に架かり、
西谷先生の海の生き物の楽しいお話後に、生き物調査。海の中を目を凝らしてみると、生き物が動いている。
子どもの頃の心にタイムスリップ!ヤドガリが、カニが、忙しそうに動いていた。
子ども達も大興奮!他の子も大人もみんな海の中を探している。探している皆の顔は笑顔になっていた。

MERRYクリーン作戦でも、念願のMERRY PROJECT様のゼッケンをつけて、
ゴミを拾う。生き物を探すように目を凝らさないと見つけれらないほど、ゴミは少なかった。

感心した。でもその理由は、この海岸を守る人たちがいるからと西谷先生から教えてもらった。
ゴミは残念ながら漂流してくる。ゴミの発生を減らさないことには、
このきれいな明石から生き物が減ってしまう。ゴミを拾いながら考えた。



多分今参加している皆さん、子たち達も同じことを感じたはず。
体験して初めてわかること、気付くことがある。
そして次にできるアクションを!活動を通じて強く思いました。

そして、大勢の前で、大自然の前で絵本の読み聞かせを初めてしました。
その前に、水谷さんから私の事業のご案内をしていただきました。

弊社の環境事業部に『樹木の苗木を植える体験ができるneoharu(ネヲハル)』という
体験型緑化用品があります。なんとまたまたミラクル!
水谷さんがneoharuのイメージキャラクター:ネヲハルちゃんを
デザインしてくれました。




ネヲハルちゃん入りneoharuポスターも
水谷さん(水谷事務所様)に
作成いただきました。

明石の海と明石海峡大橋をバックに
ネヲハルちゃんポスターの記念撮影!

ネヲハルちゃんが海に来て、山と海は直結を感じます。
山の豊かさを守ることは海の豊かさも守ることに
つながります。

山の生態、海の生態を守りたい気持ちが一層強くなりました。

気持ちが高ぶり、絵本の読み聞かせ。
真夏の日差しのような熱い太陽の下、

子ども達に絵本の紙芝居をめくるサポートもらいながら、拡声器片手に、
著書:水谷孝次さんの『みんなのSDGs』を読みました。

読み聞かせの趣旨を忘れ、気持ち高ぶったまま一字一句熱く読みました。
本来ならば、我が子に添い寝しながら読んでいた頃を思い出しながら優しい声と
優しいリズムで読むつもりでしたが・・・

。添い寝していた子が泣き出すような
一字一句熱く読んでしまいました。反省・・。

私は、『みんなのSDGs』の絵本が本当に好きです。
なぜなら、とてもわかりやすく、大切なコトがたくさんやさしく描かれています。
SDGsは知れば知るほど深くて重くて難しい。でも、今は行動するとき。
この絵本をできる限り多くの皆様へ読んでいただきSDGsを知る・行動するの
きっかけにしていただきたい思いです。

あっという間に、閉会式・笑顔の撮影会。
閉会式にいた子どもたちが誇らしげにたくましく見えました。

「海の生き物の事など色々知れて良かった!
海に入って色んな貝殻を拾ったりするのが一番楽しかった!
クリーン作戦ではこんなに色々なゴミがあることわかった!
楽しく勉強できたから良い経験になった。

お父さんの絵本の読み聞かせで、
こんなに地球には奇跡と奇跡が重なって生きていけるとわかった!!
とにかく楽しかった。
写真撮影で『笑顔で』撮影できたのは、水谷さんとおかげだと思いました。
楽しかったです!!」

( 山形さん 娘さんのご感想 )

ーーーーーーーーーーーー

笑顔の撮影会も念願です。
水谷さんから撮影されれば皆さんが最高の笑顔に。

どうしてだろう!?

リアルで撮影場面を見てみたいと思っていました。
私の娘を撮影してくれました。娘の感想でもありましたが、
「笑顔になれたのは水谷さんのおかげ」と。

近くで見ていた私は感無量。
あたしがその時一番笑顔になっていたかもしれません。

水谷様、MERRY PROJECTで活動される皆様、
本当にありがとうございました。

山形さんありがとうございます!
さらに、山形ファミリーの皆さんからのご感想レポートもご紹介!

ーーーーーーーーーーー

「主人が、2025年大阪・関西万博に参加している。
毎日主人の話を聞いていて、万博は身近だが、実際に一緒に参加しようと話があり、
少し不安・・。主人の活動についていけるか・・。
主人から、MERRY PROJECTさんの活動に妹家族と一緒に、
『子供たちと明石で笑顔の活動をしよう』と提案で、一気に不安が解消され、
とても楽しみになった。
当日、明石の海は私が想像していたよりも透明度が高く感動しました。
子ども達も同じように感じたようです。
生き物調査では、海に入りたくさん発見出来ました。
捕獲する機会がなかなかないので、「キャーキャー」言いながら、楽しそうに
子ども達は喜んでいました。
他の子がタコを捕獲したのは驚きでした。

西谷先生が一見綺麗に見えますが、たくさんのゴミが落ちています。
という言葉通りクリーン作戦では色々な種類のゴミが見つかりました。
プラスチックやタバコの吸い殻やら、
人間が作り出した物、
ポイ捨てをした物、
地球の未来のために何ができるのか、
考える良い機会になったのではないでしょうか。

笑顔の撮影会では子ども達の笑顔がたくさん溢れていました。
『笑顔には人を幸せにする力がある。』、まさにその通りです。
『子ども達の笑顔は未来への希望』、SDGsを身近に感じ、
すぐできる事を実践しようと改めて思いました。
※主人の絵本の読み聞かせ、わかりやすくて良かったです。(気合い入りすぎ(笑))」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「普段の生活では体験できない貴重な経験をさせてもらってとても楽しかったです。
またこのような活動があれば参加したいと思うきっかけになりました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「子ども達にとって、他の子ども達と一緒に行き物を探して、
普通に海の生き物を触ってる子どもの姿をみて良い刺激を
もらったなぁと感じました。
クリーン作戦も、みんなでしたら、宝探しみたいで楽しめました。

そして、暑さに負けない子ども達のパワーに元気をもらいました。

隆三君の絵本の読み聞かせでは、
気合が入り過ぎて、最初はどうなるかと思ったけど、
子ども達は誰ひとり席を立たず、真剣に聞いていたね。
思いって伝わるんだなぁと、ビックリしました。
とても良かったですよ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「途中で抜けてしまったけど、楽しかったー、ありがとう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「みんなと一緒に色々な海の生き物探しができて
楽しかったし、ゴミ拾いも楽しかった。」


素敵なメッセージを、
ありがとうございました!

MERRY SDGs ACTION in AKASHI
詳細はこちら
http://www.merryproject.com/activity/merry-sdgs-action-in-akashi/

 

主催:NPO法人 MERRY PROJECT/後援:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会/明石市

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
参加する
購入する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ