5000年後の子どもたちに届け!笑顔のタイムカプセル/MERRY EXPO OSAKA

いのちの輝きは、笑顔!
未来をSDGsアクションで、笑顔いっぱいに。
TEAM EXPO 2025 共創パートナー認定!
この度、MERRY PROJECTは、
大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」
プログラム共創パートナーとして認定されました。
https://www.expo2025.or.jp/team/project32/


宮城県でのMERRY SMILE ACTION(http://www.merryproject.com/activity/20210307/) に続き、
次は大阪でのSDGsアクション。

3月5日にEXP02025 大阪・関西万博の開幕まで
1,500日を迎えたことを記念して、
万博のテーマである
「いのち輝く未来社会のデザイン」を実践するため、
共創チャレンジ「MERRY EXPO OSAKA/MERRY SDGs ACTION」を開催。



笑顔は、健康へのフアーストアクション。
笑顔は、世界共通のコミュニケーション。
2025年に向けた笑顔のコミュニケーションデザインとして、
笑いの聖地である大阪から世界へ、笑顔の街づくり。

今回「MERRY SDGs ACTION」の笑顔の街づくりとして

「11 住み続けられるまちづくりを」
「16 平和と公正をすべての人に」
「17 パートナーシップで目標を達成しよう」

この3つを実践するため、
「街のクリーンアップ」「ボランティアに参加する」「知らない人に優しくする」「友達と仲良くする」
「困った時に助け合う」「笑顔で繋がるコミュニケーション」を通して、
SDGsのアクションを実施しながら
笑顔あふれるSDGsアクションを街中で実践しながら
1970年の大阪万博の時に埋められた
タイムカプセルが眠っている大阪城まで
MERRY WALKしました!

大阪の天気は、快晴。
まさにMERRY晴れ!

今回のイベントに参加してくださったのは、
大阪・関西万博「TEAM EXPO 2025」
共創パートナー・共創メンバーの皆さん。

今まで、個々の団体の活動で2025年に向けていましたが
今回はその共創パートナーの皆さんを集め、
MERRYな笑顔でつながりました。

SDGsのファーストアクションは笑顔から。
みんなが笑顔で暮らせる地球にするための目標、SDGs。
まさにみんなで協力していくことがとても大事です。

新型コロナウイルスの拡大によって
みんながマスクをして、
笑顔の見えない時代になってしまいましたが、
こんな時こそ、笑顔が大事。

大きな平和を達成するためには、まず身近な平和から。
あなたが笑顔になれば、みんなが笑顔になる。

あなたの行動で、未来が変わる。
みんなのSDGs、みんなでSDGs。

どんな問題もみんなで笑顔で協力し合い、
アイデアを出して解決していこうということです。
地球を笑顔にするためにみんなで何ができるか考えてみましょう。

今回の万博のテーマでもある
「いのち輝く未来社会のデザイン」はまさにSDGsです。

この笑顔のリレーを愛知万博から大阪万博へつなげていきます!

 

水谷の挨拶を皮切りに
いよいよイベントがスタート!
みんな笑顔の傘を持って、道頓堀・戎橋に向かいます。

有名なグリコネオンの前で
笑顔の傘が開くと
周りで見ていた人たちからも大注目。

そして参加者の皆さんと一緒に

世界中の子ども達の笑顔に囲まれながら

笑顔の傘をみんなで一斉に開きました。

「大阪の笑顔は、未来への希望です。1・2・3・MERRY!

笑顔の傘が開くと、MERRYな空気が生まれました。

この傘が人を巻き込むパワーは抜群!
大人気は相変わらずで、道行く人もみんなニコニコ。

マスクごしでもみんな笑顔になっていることがわかります。
笑顔のパワーで笑いの街、大阪を笑顔で元気になってくれたらと思います。

道頓堀・戎橋で笑顔の傘を開いた後は、
道頓堀商店街に入り口に設置された
「EXPO2025げんこつオブジェ」へ。

このPRオブジェは、2018年大阪万博誘致を目的に制作されたもの。

拳を固めて、げんこつを作って、
みんなで「さあ2025年へ向かっていくぞ!」
という気持ちを込めて記念撮影!

そしていよいよみんなでMERRYクリーンアップの始まりです!

そしてSDGsは、ひとりひとりのアクションが大事!
そのアクションを実践するために、
MERRYなクリーンアップを実施。
総勢40名のクリーンアップ隊が、
お揃いのビブスを着て大阪の街へ出発!

MERRY CLEANUPは、
愛知万博の時からずっと続けているプロジェクト。

このクリーンアップは、ゴミを拾うことが目的・重要ではありません。

ゴミを拾う姿を、街行く人に見てもらうことで、
「ゴミを捨てさせない空気」を作り出すことが目的。

街をきれいにすることは、人を笑顔にすること。
だからメリークリーンアップは笑顔が溢れています。

みんな楽しみながら街をきれいにしました。
大阪の街が本来持つ「すっぴん」の美しさを取り戻しました。

空き缶や瓶、空きペットボトル、
壊れたビニール傘、タバコの吸い殻などが集まりました。
街中にゴミ箱が無いことで、
街にゴミがポイ捨てされることもありますが、
逆にゴミ箱が無いことで、家にゴミを持ち帰ろう!
という気持ちが促進されることも確かです。

ゴミを捨てない、捨てさせない空気を作ることがとても大切です。
ひとりひとりのアクションで、
街はきれいになり、人も笑顔になります。

そしてクリーンアップで集めたゴミをまとめて
みんなで記念写真!
グリコのネオンも喜んでいるみたい!

さあ、いよいよ大阪城へ向かうために、
心斎橋までウォークしていきます。

大阪・関西万博開催1500日前のプレートを持って、
街中を歩いていきます。

「日常を、劇場に。」

いつもはただ通り過ぎてしまうだけの大通りが、

いつの間にかなんだかずっと佇んでいたくなるような
場所になったら——
何気ない日常のなかに、
そんなハッピーなハプニングが潜んでいたら、

都市は市民のステージに生まれ変わる。


何気ない日常が、きっともっと心地よいものになる。
笑顔のコミュニケーションをしながら、パレードしていきます。

40人近い笑顔の傘の行進は、街行く人々の注目を一気に集めていました。

心斎橋の駅に向かうため
大丸前の横断歩道をみんなで渡りました。
まるでビートルズのアビィロードのような
MERRYな風景が生まれました。

心斎橋から地下鉄に乗って、大阪城へ。
大阪城公園にたどり着き、本丸を目指して、
MERRY隊が進んでいきます。

大阪城は、攻め込まれにくく作られており、
人間よりも大きな石垣の巨大な石を横目に、
当時の人はみんなで協力して、
この石を運んでいたのだと思うと
感慨深い気持ちになります。



無事に大阪城本丸前に到着!
大阪城で笑顔の傘を開き、笑顔を発信。

実は、この大阪城には、
「タイム・カプセルEXPO’70」という
5000年後の人類への贈り物が眠っています。

このタイムカプセルには、
1970年から6970年への未来へのメッセージ
未来の人類への贈り物として
制作過程から2098点に及ぶ収蔵品が入っています。
小型テレビ・ラジオ・時計・植物の種・本・地図・映画
レコード・服や食品、薬、なんとかつお節まで!
様々な分野に渡って、多くのものが収納されました。

<タイムカプセルについて詳しく知りたい方はこちらのページ>
https://panasonic.co.jp/history/timecapsule/index.html

子どもたちに「みんなのSDGs」を見せて
今日の出来事や笑顔のメリーゴーラウンドなどについて教えました。

「僕たちがこのタイムカプセルを守ります!」

子どもたちは、銀色に輝くタイムカプセルをこどもたちが大事そうに撫でてくれました。

5000年後の未来を想像してみよう。
2030年よりも、もっともっとずっと先の未来。

どんな地球になっているのでしょうか?
SDGsを達成し、多くの問題は解決されたのでしょうか?
今の環境よりも良くなっているのでしょうか?
それとも地球に人間は住めなくなっているのでしょうか?

地球の未来を決めるのは、
あなた、そして地球に住むみんなの行動次第です。

あなたの行動で、未来は変わる。
あなたの未来を、地球の未来を想像してみよう。

どんなアクションをしたら、
未来のみんなが笑顔になるだろう?

笑顔いっぱいの地球にするために、
今あなたにできることは何ですか?

「みんなのSDGs」をきっかけして
どんなアクションをしたら良いか、みんなで考えてみよう!

笑顔のアクションをまずは
2025年大阪・関西万博に向けて
笑顔の街、大阪から全国へ増やしていきたい。
みんなの笑顔で、笑顔を増やしていきましょう!
みんなのチカラで「SDGs」を達成させましょう!

●未来を変えるメッセージ「みんなのSDGs」詳細はこちら
http://www.merryproject.com/pressrelease/sdgs_press/

 


MERRY SDGs ACTION
大阪・関西万博開催1500日前「MERRY EXPO OSAKA」
についての記事を、様々なメディアにて掲載していただきました。

・日本経済新聞

・みんなの万博新聞

・EXPO 2025 大阪・関西万博 公式Twitter

・大阪日日新聞
https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/210316/20210316031.html

 

 


今日、参加者の皆さんが実践した笑顔のアクション
そして2025年に向けたMERRYなメッセージを紹介します。

<今日、笑顔にしたSDGsアクション>
ゴミをひろったこと
助け合い
笑顔で手を振ったこと
コミュニケーション
お手伝い
自分が笑顔になること
みんなと一緒に歩くこと
お友達に優しくしたこと
子どもに優しくしたこと
傘をもって歩いたこと
ビブスをつけて歩いたこと
街のゴミを拾ったこと
泣いてた参加者のお子さんを抱っこしたこと
ベンチに座ってた男性にお礼を言ったこと
MERRY ACTIONに参加したこと
みんな笑顔で、笑顔の傘を広げたこと
笑顔の傘を持って歩いたこと
1日、笑顔でいれたこと
子どもと一緒に参加できたこと
周りの人と 仲良く 楽しく過ごしたこと
万博の意義を楽しくみんなに伝えたこと
みんなの笑顔を写真に収めた
たくさんの人と交流できたこと
いっぱい歩いたこと

メリープロジェクトの活動を通じて
「みんなを笑顔にする仕事がしたい!」という大人に成長してくれたら嬉しいです。

 


<2025年に向けたあなたのMERRY(楽しいこと・幸せなこと・将来の夢)とは?>

みんなが笑顔でいること
世界平和
子どもと一緒にいろんなイベントに参加してもっともっと笑顔になること!
バレーボールの選手になりたい!
一人でも多くの人を笑顔にすること
ネイルで世界の人々に幸せを届けたい
量子学やヒーリングで世界中をいやしたい。
皆さまのお役に立ったこと
家族や大切な人と楽しいことを嬉しいことをたくさん一緒に共有していく
大阪・関西版SDGsをみんなで創造しよう!
将来の夢はママにくつを作ることです。
女優として活躍している、世界で活躍できる女性になります!
ポートレートがすごくうまくなりたい
フォトグラファーとして成功する
将来の夢はジャニーズになること
まずは元気で歩き回ることができるように過ごします
言葉が通じなくても 版悪で思いを共有できる体験をまた味わいたい


<主催>NPO法人MERRY PROJECT
<協賛>アズビル株式会社・株式会社力ムアクロス
<協力>公益社団法人2025年日本国際博覧会協会・大阪府万博協力室
EXPOサポーターズ/大阪を変える100人会議/学生団体EXPOやん/ビジュアルアーツ専門学校

<写真・動画>MERRY PROJECT/石井靖彦/西川光子/角野則子/七浦高志/ビジュアルアーツ専門学校

MERRY SMILE ACTION /東北
「震災から10年。笑顔よ、天まで届け!未来への希望」
詳細はこちら http://www.merryproject.com/activity/20210307/

 

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
参加する
購入する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ