3.11 未来への希望




2011年3月11日、東日本大震災。
この日を忘れないため、そして、東北に笑顔を届け続けるため
震災の翌年から、神戸新長田で開催されている「LOVEフェス3.11」。

今年は、東北と神戸を笑顔でつなぐための
MERRY SMILE ACTIONブースを出店しました!!!

 

当日は雨風の強い悪天候だったにも関わらず、
お客様、ボランティア共にたくさんの方にご参加いただき
笑顔あふれる2日間となりました!

初お披露目となった「MERRY NAIL」は、
ネイル用品を取り扱う「株式会社TAT」とMERRY PROJECTによる
ソーシャル・ネイル・プロジェクトです!!

自分だけが笑顔になるためのネイルではなく、
誰かと笑顔を共有するためのネイル。


45色のカラーの中から、好きな色を選んだら、
その場で、プロのネイリストが、
きれいなワンカラーの施術をします。

さらに、ワンコインでMERRY NAILシールを買っていただくと、
その場でシールを使った笑顔のネイルアートを楽しめます。
そして、売り上げの一部は、被災地での“笑顔の復興支援活動”をはじめとした
社会貢献活動に役立てられます。

自分のネイルを楽しむことで、誰かが笑顔になって
指先を見る度に、“だれかを笑顔にすることの喜び” を実感できる仕組みは、
まさにソーシャル・ネイル!

イベントの告知を見て「私も手伝いたい!」
と急遽ご連絡をいただいたネイリストさんもメンバーに加わり、
MERRY NAILの施術がスタートです!!!





まず最初に足を止めたのは、なんとおじいちゃん!
「どうしようかしら」と躊躇している奥様の腕を引っ張って、
人生初のネイルに挑戦です!!!

そわそわしながらも、終始嬉しそうな表情。
ピカピカになった爪に、夫婦おそろいのネイルシールで笑顔満開です!

小さな子どもから、おじいちゃんおばあちゃんまで
普段はネイルに触れる機会の少ない世代の方々もMERRY NAILを体験。

人の数、爪の数だけキャンバスがあります。
みんなのネイルが、笑顔のメッセージを発信するためのキャンバスになれば、
その想いはどんどん広がって、世界を変える力になるはず!!

今後も、ネイルを通して笑顔を増やして行くための活動を計画しています。
MERRY NAILの展開に、乞うご期待です!!!

MERRYのブースを明るく賑わわせたのが
笑顔のアート皿ワークショップ & MERRY SMILE ギャラリー!

壁面には、震災から3年目の福島で
子どもたちがつくった「笑皿」がずらり。
テント布の向こう側にうっすらと見える
新長田の街と青空が、ふくしまっ子の笑皿を一層輝かせます。

「ここに飾っているのは、福島の子どもたちがつくった笑顔なんですよ」
と紹介すると、大人も子どもも真剣な表情になり、
「励まされる!」「元気が出るね〜」と話しながら、
ひとつひとつの笑皿を眺めている様子が印象的でした。




神戸のみなさんも、ふくしまっ子から笑顔のバトンを受取り、
笑顔のアート皿づくりに挑戦です!!!


家族や自分の笑顔をつくったり、
ふくしまっ子の作品を参考にしてみたり…
自由な発想で、個性豊かな笑顔が生まれます。



完成したら、ふくしまっ子の笑皿の隣にペタッ!!
東北と神戸が笑顔でつながりました。

最後は、アートディレクター・水谷孝次が、笑顔の記念写真を撮影。
みなさん、笑皿に負けないまぶしい笑顔を見せてくれました!

この日つくっていただいた笑顔のアート皿は、
ふくしまっ子の作品といっしょに
被災地をはじめ、日本各地、世界中で展示される予定です!!!


テント内にところせましと並んでいるのは、
東北と神戸の子どもたちの“笑顔の傘”。
東日本大震災も、阪神淡路大震災も、復興に向かう中で
どれほどの人たちが「子どもたちの笑顔」に励まされ、
勇気づけられたことでしょう。

その笑顔の力は、時が経った今も色あせることなく、
このように様々な場所で展示され、希望を与え続けています。

そして、とっても嬉しい再会もありました!!!
阪神淡路大震災から間もない神戸で笑顔を撮影した一人の女の子が
ご家族と一緒に会いにきてくれたのです。

「この傘をテレビなどで見ていて、本物を見てみたかった。
そして、水谷さんにもう一度会いたかった!」
と嬉しそうに話してくれた彼女は、もう高校生!!!

親子3代、震災を乗り越えて大声で笑う
ポジティブな笑顔のあふれるご家族でした。

テント中央のMERRY SHOPでは、
阪神淡路大震災チャリティスープ「MERRY SOUP」が大好評!
神戸のレストラン「パレルモ」のシェフ本山さんとつくった
「LOVE」「PEACE」「SMILE」3種の味でMERRYを伝えます。
詳細はこちらをご覧ください!
amazonでも販売中です!

その他にも、神戸の笑顔が詰まった写真集「Merry in KOBE」や、
メッセージブック「地球はメリーゴーラウンド」、
ペットボトルキャップで緑を育てる「Merry Farmingキット」など
MERRYなグッズがたくさん登場!!!

MERRY PROJECTの活動を
神戸のみなさまに知っていただくことができました。

 



5月に発行される絵本「はーい にっこり!」も
一足早くみなさんにご覧いただきました。
子どもたちは「はーい にっこり!」とう言葉にあわせてにこにこ。
それを見守る大人たちも、思わず顔がほころびます。

メリーちゃんのお人形を動かしながら、親子でにっこり笑う
笑顔のコミュニケーション絵本「はーい にっこり!」。
発売をお楽しみに!!

→詳細はこちらをご覧ください
http://www.merryproject.com/news/2015/03/3597/

 

今年で4年目となるMerryあさがおプロジェクトも進行中!
現在関西を中心とした企業が協賛し、
東北の子どもたちの育てたあさがおの種を育てています。
3.11の1年後からはじまったLOVEフェス3.11からスタートしたこの企画。
神戸から東北へ、愛情の絆が広がっています。

今回は、LOVEフェスのMERRYブースの中で
メリーなアクションを起こしてくれた方全員に
東北の朝顔の種をプレゼントしました!!

笑皿を作ってくれた子供たちも、メリーネイルを体験してくれた
お兄さん、お姉さん、おじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃんにも。
今年もたくさんの復興のあさがおが、花開くことを願って。


その他、イベント会場内では、メインステージでのパフォーマンス、
東北物産展や、東北支援団体の活動報告ブース、震災写真展示コーナーなど…
東北を支援するための、さまざまなコンテンツが並びました。



向かいのテントに出店していたのは、

笑顔文字作家として活動をしているの、やまだとしおさん。

この日のMERRYスタッフの笑顔を、
一枚のアートボードにしてプレゼントしていただきました!!
遠くからMERRYブースを観察して描いてくださった似顔絵なんです!!
とってもメリーで笑顔あふれる素晴らしい似顔絵、ありがとうございます。

日本で起こっている自然災害の他にも、
今、世界中が至る所でさまざまな問題を抱えている中で、
同じ人間として、みんなで笑顔で協力し合い、知恵を出し合って
未来への希望である子どもたちのために、
それぞれが自分にできるベストを尽くすことが大切です。

神様が人間に与えてくれた「笑顔の力」を
3.11、神戸から東北へ、東北から世界へ贈ります。

MERRY SMILE ACTIONにご参加・ご協力いただいたみなさま
本当にありがとうございました!

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
参加する
購入する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ