MERRY COLUMN メリーコラム

Vol.339 2010.12.28 TUE

2011年の干支は「ウサギ」
かわいいウサギ達と一緒に、Merry New Year!
日本で古くからその穏やかでラブリーで
飛び跳ねる活発な様は「飛躍」を意味する縁起の良いMERRYな動物とされてきました。
2011年はこんなMERRYな「ウサギ」にあやかりたいものです。

いよいよ生物多様性のための10年(UN Decade for Biodiversity)が2011年から
はじまります。メリープロジェクトは2010年10月に開催したCOP10のパート
ナーシップ事業MERRY COP10 が生物多様性条約事務局(CBD)の
高い評価を受け、正式に国連の生物多様性条約の生物多様性のための10年
(The United Nations Decade for Biodiversity)パートナーとして
活動を展開することになりました。
2011年は国際森林年(International Year of Forests)。
メリープロジェクトは世界中で子どもたちと植樹活動を行い、
子どもたちの笑顔を通じてより良い世界を目指す
「MERRY FOREST PROJECT(MERRY こどもの森づくり)」を
パートナーシップ事業として展開します。
→MERRY FOREST PROEJCTの詳細はこちら。

真っ白いウサギがいっぱいのMERRYな地球にしたいものです。
今までMERRY PROJETCTは幸せ屋のうさぎさん達といっぱいワークショップをしました。
事務所の屋上農園「Merry Farming」。伊勢丹やアカチャンホンポではキャップを使った
Merry Farmingワークショップ。六本木ヒルズで行なった打ち水大作戦。
実りの秋には屋上農園で収穫祭。伊勢丹屋上では笑顔の傘のワークショップ。
ひげを生やしたジョイとラックが子どもたちに大人気でした。
笑顔の傘で作った笑顔のドームがひときわ注目を浴びていた土と平和の祭典。
ハロウィンの季節には、病院をMERRYにするために仮装して蝶ネクタイを
おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントして幸せをばらまいたりと、
いっぱいMERRYな活動をしました。つぶらな瞳にぴょんと伸びた長い耳。
かわいい、笑顔になるウサギさんと子どもたちもMERRYな時間を過ごしました。

先日のMERRY IN LAOの帰りがバンコク経由だったので、バンコクの街をのぞいてみると
なんとサンタクロースは1人もいないかわりに、たくさんのウサギがいっぱいいました!
お店の中はウサギだらけ!
なんとナビゲーションまでウサギがお店を案内してくれるのです。
バンコクにはとても元気があり、デザインにも活気がありました。
日本の若者にも、このアジアの元気を感じてもらいたい!

少し内緒ですが、実は僕はウサギ年です。
MERRYウサギと一緒に2011年を飛び跳ねよう!

  • Twitter
  • Facebook
ページのトップへ