笑顔を響かせよう!MERRY in KAWAGOE/11月3日〜24日 開催

笑い声が響きあう蔵の町・川越 「第6回 蔵と現代美術展」
MERRY in KAWAGOE
日時:2019年11月3日(日)〜11月24日(日)
場所:埼玉県川越市 「蔵と現代美術展2019」H会場( ※札の辻 交差点広場)
特別イベント:笑顔の傘を開こう
/11月16日(土) 14:00〜15:00 

11月3日から川越にて開催する「第6回 蔵と現代美術展」にて、現代美術家の瀬島匠さんとMERRY PROJECTのコラボレーション。テーマは 「響きあう空間」 。イベントでは笑顔の傘の展示から、参加型 イベントも実施。川越の町に子どもたちの笑顔をあふれさせ、「笑い声」が響きあう空間にします。子どもたちの笑顔は未来への希望。笑顔の歴史が残る川越から、平和のメッセージを世界に発信します。

1.瀬島 匠 × MERRY ART UMBRELLA (展示期間:11/3-11/24 まで)
北京オリンピック開会式に登場した世界中の子どもたちの笑顔の傘が登場。
瀬島匠さんと平和をテーマにした笑顔のコラボレーション作品を展示いたします。

2.笑顔の傘を開こう/14:00〜15:00
平和のメッセージと共に笑顔の傘を開き、川越の町から世界へ向け、平和のメッセージを発信します。
※参加希望者は13:30 〜H会場にて、受付をいたします。

→第6回 蔵と現代美術展公式サイト

→ 蔵と現代美術展 公式Facebook

→ 蔵と現代美術展 公式Twitter

これからの時代のアートは、ギャラリーや美術館で見る個人的なものではなく社会全体を対象に広がっていくものである。

ギャラリーでは、あくまでも一部の人しか見ることができない。 しかし、社会全体に広がっていくことで、アートを通じた思いや考えを、 その町に関わるすべての人たちに届けることができる。

アートは何のために存在するのか? 真のアートは、人々に勇気や希望を与え、平和のために存在する。

真のアートが、世界にあふれた時、きっと新しい平和な世界が見える。 多くの問題を抱えているこの世界にこそ、笑顔が大事。 笑顔の傘は、その場所を目指しています。

今回、私は瀬島匠さんの作品「RUNNER」と笑顔の傘のコラボレーションをさせていただいた。 零戦に乗って飛び立っていった飛行士たちは、未来の子どもたちの笑顔が広がり、

世界が平和になり、幸せになることを願って、大空へ飛び立っていったのだろう。

11月16日は、まさに社会へ笑顔を広げていく「MERRY IN KAWAGOE」を開催します。 是非みなさん一緒に笑顔の傘を広げましょう!

 

 

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
購入する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ