新世7月号掲載.「9.11」と「3.11」。笑顔の未来になあれ。

2018年7月「新世」

生涯学習総合誌として、毎月、夫婦の関係、子育て、職場生活を充実させる
ポイントとなる記事を掲載する、倫理研究所発行「新世」7月号に
連載記事が掲載されました。

 


 

「9.11」と「3.11」を笑顔で繋げたい。
東日本大震災や米国同時多発テロなど、
世界各地で災害・事件に遭遇した子ども達の笑顔をプリントした傘を、
ニューヨーク のタイムズスクエアで一斉に開いた。
街を 歩いているニューヨーカーにも声をかけ、
ジャズのセッションの様に、その場で多くの 人達に参加してもらった。
見ている人達も 笑顔になり、MERRYな空気が生まれ、
人々が笑顔になっていくことが素晴らしい。
ただ、形の美しさではなく、人々の「心」 と「思い」が「カタチ」になった笑顔は美し い。
世界中が笑いのアートを求めている。
笑顔に希望を求めている。
国が違って、言葉が通じなくても、笑顔と笑顔が心で繋 がる。
地球上のあちこちでコミュニケーショ ンが生まれ、笑顔が伝染していく。
誰かの 笑顔が、地球をぐるりと巡って、あなたに笑 顔を運んでくれる。
笑顔のリレーに年齢も 性別も国籍も人種も宗教も関係ない。
平 和や希望の尊さを伝えたい。
「人間には、 マイナスがあるからプラスがある。
本当に悲 しい時こそ笑うんだ。だから笑顔が美しい」 と気付いた。
それが人間の強さであり、美 しさである。
みんなの未来、笑顔になあれ。

 

 

CLOSE

メリーって?
メリーからのお知らせ
プロジェクト紹介
メリーアーカイブス
参加する
著名人からのメッセージ
お問い合わせ
ソーシャルネットワーク
メールマガジン

×

ページトップへ