• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2008.03.28

旅行に行ってきました-14-上海2

Posted at 12:25 | Reporter: メリープロジェクト

最後の日は、上海の2大観光地、豫園と外灘へ。

  

豫園は、400年位前に作られた庭園。
日本の庭園と、似ているようでちょっと違う。
知っているのに、知らないような感覚です。

観光客はたくさんいたけど、
日本人と欧米人じゃ、きっと感想も全然違うんだろうなぁ。

 

上海でも北京オリンピックグッズがいっぱい売られていました。
あとは、ザ・シャンハイ。外灘。
昼間でもスモッグなのかなんなのか、曇っていて視界が悪い。
上海ヒルズ、まだ未完成だけどけっこう目立ってて町のあちこちから見えました。
夜は、川の水の上に映った光がキレイでした。

あぁ、中国10日間、
予定より3日くらい短かったけど、ちょうどよかったかな。
楽しかったです。
安かったから、きっとまた近いうちに行こうと思います。

終わり。

2008.03.27

旅行に行ってきました-13-上海1

Posted at 12:20 | Reporter: メリープロジェクト

  

今回最後の目的地は上海。

南京からバスで4時間くらいです。

上海は、都会!と思いきや、そうでもない。
物価は他の町よりは高いですが、
中国人の文化、生活自体はどの町でもほとんど変わりません。

多少、メットかぶってバイク乗る人が増えたり、
スタバがあったり、観光地で英語が通じたりする程度です。

  

バスで1時間半ほど走ったところにある周庄というところは、
明や清の時代の建物や町並みが残されているところです。

建物の中は全部お土産屋さんでしたが、
まだまだ実際に住んで生活してる人もいるみたいで、
けっこういい感じでした。

右の写真は、石に自分の名前を彫って印鑑を作ってもらってるところ。
1個150円くらいで、だいぶぼったくられた気もしますが、
きれいに作ってくれたので良かったです。

2008.03.25

旅行に行ってきました-12-南京

Posted at 12:20 | Reporter: メリープロジェクト

洛陽から寝台夜行バスに揺られて12時間、
かつての首都、南京に来ました。

  

南京では、かの長江を見てみようと、
展望台のある橋まで、重いリュックを背負ってえっちらおっちら。

でも、期待していたような大河は見られませんでした。
しかも、対岸にある新興集合住宅地が、スモッグに霞んでる。
海かと見間違うような大河もなく、空気の汚れが引き立つ景色に、
ちょっとがっかりしてしまって、写真も一枚しか撮りませんでした。

  

でも、その橋を降りたところにある公園は楽しかった。

軍隊が行進の練習をしている横で、
歌をうたっているおばちゃんや、ダンスを踊っている老夫婦がいたりして、
なんだか微笑ましい光景でした。

その後、南京の大虐殺資料館に行きました。
撮影禁止だったので写真はありませんが、入場は無料で、
2時間かけても半分も見終わらないくらい沢山の資料がありました。

でも、その9割は日本の資料で、中国側の資料がほとんどなかったので、
せっかく行ったのに、なんだか資料集を読んでいるのと変わらなかった。
ただ、あるジャーナリストの人が行った、
当時の日本軍の人へのインタビュービデオはすごく興味深かったです。

数の多い少ないは別として、そういう事実があったことは悲しいけれど、
でも、こういう今みたいな倫理感ができたのも、
あの戦争があったからこそなのかなと思ってみたり、
戦争にも法律やルールがあるってどういうことだろうと思ってみたり、
だいぶ暗い気分になりました。

帰りの地下鉄の中で、中国人の若いまじめそうな男の子が、
携帯を見せてきて、何かと思ったら、中国語で、
「僕らは日本人を恨んでいない、日本と中国は仲良くするべきだと思う」
と書いてありました(推測する限りですが)。

まずは北京オリンピックで一歩進めるといいなー

2008.03.24

旅行に行ってきました-11-洛陽

Posted at 12:20 | Reporter: メリープロジェクト

  

西安から洛陽へは、バスで5時間。

洛陽には、白馬寺という、中国で最初に建てられたと言われる仏教寺院と、
世界遺産にも登録されている龍門石窟というところがあります。

白馬寺(写真左)は、そこそこ観光地だと思っていたのですが、
観光客らしき人はほとんど見かけませんでした。

おかげで、白馬寺はまったりゆっくり見学。
よかったです。

龍門石窟(写真中央、右)は世界遺産ということもあり、
韓国人や欧米人の観光客がいっぱいいました。

北魏(5世紀)の時代から唐の時代までの約500年間に作られた
2300の石窟と10万体を超える仏像があって、圧巻でした。

石窟の内側が全部小さな仏像で飾られているもの、
戦争で壊されたり盗まれたりしたもの、色々ありましたが、
川の両脇に無数に空いた穴の中に、
昔の人の信心が詰まっているようで、
不思議な気持ちになりました。

中国も、もうすぐ春です。

2008.03.23

旅行に行ってきました-10-西安

Posted at 12:20 | Reporter: メリープロジェクト

  

成都から西安までは、バスで11時間くらい。

高速を走ったり、畑の隙間を通ったりしながら、
予定を2時間オーバーして着きました。

本当は、電車で行こうと思っていたのですが、
前日にチケットを取ろうと思ったときにはすでに満席。
立ち席でもいいかと思いましたが、夜行で立つのは疲れそうだし、
何より中国の電車は、一等車以外は相当大変らしいです。

みんな巨大な布団を抱えて電車に乗り込んで場所取りをして、
トイレに行くにも行けないほどぎゅうぎゅうになるので、
みんなそこら辺で普通におしっことかしてしまったりするみたいです。
さらに、駅構内だろうが、バスの中だろうが、所構わず痰を吐くうえ、
話し声がみんな異常に大きくてうるさい。
そんな電車に中国初心者が12時間も乗ったらひどい目に遭うよ、
と、もう長いこと成都に住んでる日本人の方にアドバイスされ、
電車よりも高い、バスで移動したのです。

バスが途中下車したところでは、野菜の直売や、
バイキングがありましたが、あんまり清潔そうではなかったので、
写真だけ撮りました。
 
それから、中国の麺類は、色々あるのですが、
うどんともラーメンともつかないこの麺がすごくおいしかった。
友だちはあんまりおいしくないって言っていましたが、私は好きでした。

  

西安に行ったら、勿論、秦の始皇帝の兵馬俑を見に行きました。
ある意味世界史の資料集通りでしたが、思ったほどの感動はありませんでした。

そのとなりは、楊貴妃が水浴びをしていたという温泉のある場所(華清池)です。
中国の歴代の有名人はみんなここで温泉に入ったらしく、
蒋介石の部屋とかもありましたが、観光地化されすぎていて、
趣とかはあまりありませんでした。

中国のネコたちは、なぜかみんな首に紐をつけて、道路につながれていました。
みんなとってもかわいかった。

2008.03.20

旅行に行ってきました-9-成都

Posted at 12:15 | Reporter: メリープロジェクト

 初挑戦、中国。

いつも旅行に行くのはヨーロッパばかりで、
ましてや中国なんて全然行くつもりはなかったのですが、
友だちに誘われるがままに行ってみました。

全体的な感想としては、
「広い、汚い、安い」って感じですが、毎日いっぱい移動して、
いろんなものを見られたので楽しかったです。

  

まずは、ソウルから成都へ。
成都は、パンダと三国志好きな人にはたまらないそうなのですが、
それ以外は、普通の中国の大きな町(人口800万人くらい)でした。

ヨーロッパなら町の中心部はいくらでも歩いて回れますが、
ここでそれをやって失敗。足がおかしくなりそうでした。

略体や日本と違う漢字の使い方は、初めは慣れなかったけど、
少しずつ解読していく作業も楽しかったです。

町のあちこちで、日用品ともガラクタともつかないようなものが売られていて、
人がうじゃうじゃ。そして10秒ごとに誰かが必ずクァーっと痰を吐きます。
北京オリンピックのために痰禁止令が出されたみたいですが、
ウン千年も歴史のある中国が、そんな簡単に変わるわけもありません。
この上の写真には、その辺で痰を吐いたり、おしっこしたりしたら、
罰金取るよ!って書いてあります(と思います)。

  

それから、成都からバスで3時間くらいのところにある、
楽山というところにも行ってきました。

ここには、8世紀に作られた世界一大きな石大仏があります。
縦70m、横30mくらいあって、
足の指の爪ひとつが私の顔よりも大きいくらいです。

そこらじゅうに菜の花が咲いていて、一面黄色の絨毯で、
小学校で習った
「いちめんのなのはな、いちめんのなのはな、いちめんのなのはな」
っていう詩を思い出したりしました。
物売りにしつこく絡まれたりもしたけど、基本的に田舎なので、
人懐こい食堂のおばちゃんたちとジェスチャーで会話したり、
のんびりできて気持ちの良い場所でした。

さて、明日は、かつての長安、西安に行きます!

2008.03.19

【京都】福知山笑顔大賞に全国から390点

Posted at 12:15 | Reporter: メリープロジェクト

         写真=福知山笑顔大賞の浅岡さんの作品

【京都】福知山笑顔大賞に全国から390点

「笑った顔が、いちばん好き!」を合言葉に、福知山市が全国から笑顔写真を募ったところ、28都道府県の199人から390点が寄せられた。最優秀の福知 山笑顔大賞には、浅岡由幸さん(53)=愛知県知立市=の作品が選ばれた。応募者一人ひとりの写真紹介コメントもつけた全作品を23日午前10時から午後 5時まで、市民会館31号室に展示して、笑顔いっぱいの空間をつくる。入場無料。

市町合併記念の市民提案型事業の一つ、「福知山市 笑顔の写真全国公募」として昨年11月26日から1月31日まで作品を募っていた。全国の笑顔を集めようと、応募方法はインターネットを採用。府内からが3分の1を占めたが、北は北海道、南は鹿児島県からも寄せられた。

笑顔づくりのスペシャリストとして知られる、笑顔アメニティ研究所代表取締役の門川義彦さんが審査し、大賞1点、準大賞3点、市制施行70周年記念特別賞1点を選んだ。

大賞に輝いた浅岡さんの作品は、大学生の仲良し太鼓グループを被写体に、本番前の気の合った笑顔をとらえた。青空をバックに円陣を組むさわやかな構図で 写している。門川さんは総評で「みんなどれも一等賞です。その中から、見た人が思わず笑顔になっちゃう、とびきりの笑顔の写真を選びました」とコメントし ている。

ズームアップの笑顔、目を細めた笑顔、はにかんだ笑顔。展示会場では、様々な笑顔に会える。(両丹日日新聞ニュースより

→福知山笑顔大賞公式HPはこちら

2008.03.18

旅行に行ってきました-8-ソウル

Posted at 12:15 | Reporter: メリープロジェクト

 アシアナ航空でソウル乗り換えだったので、
3時間ほどソウルの町を探検してみました。

  

韓国の第一印象は、まず色がとっても派手なこと!
原色、蛍光色使いの鮮やかさは、チマチョゴリに限りません。

それから、ご飯がすごくおいしい!
キムチもしっかり辛いのに、食べ始めたら止まりません。
しかも、ご飯を一品頼んだら、おかずが自動的に大量にでてきて、
それが無料なんです。おかわりも自由。

たとえば、上の中央の写真の真ん中にある小皿は、8つとも全部食べ放題です。
だから、500円くらいのキムチスープを頼んだら、
もうそれだけでお腹ぱんぱんになるくらい大満足でした。

韓国素敵。
成田から2時間少しで行けるので、
これなら週末にちょっとソウルへって人の気持ちもわかります。

また行きたいです。

2008.03.16

旅行に行ってきました-7

Posted at 12:15 | Reporter: メリープロジェクト

 

 今回の旅の最後はベルリンです。

ドイツの首都ベルリンは、私の一番好きな町。
ストライキで電車もバスも全部ストップしていたので、
足の向くままふらふら町中を歩いてみました。

行きたかったカフェや公園には行けなかったけど、
その分また新しいものを見つけて満足です。
次にベルリンに行けるのはいつになるかな?

とりあえず来週から中国です♪

 

2008.03.15

旅行に行ってきました-6

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

 

 マドリードです。
バルとかほんとにうわさどおりでした☆
おばあちゃん二人、バルのカウンターでコーヒー飲みながらおしゃべりしてます。
太陽の町って言われるだけあって、日差しが強くて、
桜も咲いていて、きれいな街でした。

 

2008.03.14

ホワイトデー×お誕生日

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

 

 今日、3月14日はホワイトデー。

そして、MERRYプロジェクトの代表である水谷さんのお誕生日でもあります。

向かいのケーキ屋さんでチーズケーキを買って、みんなで食べました。
おいしかったです。

みなさんのホワイトデーはいかがでしたか?

 

2008.03.13

北京オリンピックに向けて

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

 この夏、8月8日から北京で開かれるオリンピック。

注目の開会式について3月12日に中国で行われた会見の内容です。 

 「アテネ超す開会式披露したい」・演出の映画監督
北京で開幕中の国政助言機関、全国政治協商会議 (政協)で、北京五輪で開閉会式の演出をする映画監督、張芸謀氏ら五 輪運営に携わる政協委員が12日会見した。張氏は「素晴らしかった前回アテネ五輪を超える開会式を披露したい」と強調し、集まった報道陣約300人を前にセレモニーの成功を誓った。
張氏は開会式の演出内容について「具体的なことは漏らせない。当日がつまらなくなるでしょう」と会場の笑いを誘った。「今、1万人以上の出演者が本番に向けて訓練している。悪天候は心配だが、様々
な備えで必ずセレモニーを成功に導きたい」と話した。
米映画監督スティーブン・スピルバーグ氏が、中国政府によるダルフール問題の対応への不満から北京五輪の芸術顧問を辞退したが「大変残念だが、開会式の準備には多数の専門家や芸術家が参加しており、影響はない」との見方を示した。
[日経ネット:3月12日22:12]

雨の場合の予備案用意=北京五輪開会式
北京五輪開閉会式の総監督を務める中国映画監督のチャン・イーモウ(張芸謀)氏は12日の記者会見で、8月8日の開会式について「一番頭が痛いのは雨が降ること」と語り、雨に備えて多くの予備案を用意していることを明らかにした。雨が激しい場合、安全確保のために、空中を使った演技などは中止されるという。
また、注目の開会式は内容の大半が秘密にされているが、「映画と一緒で、事前に言ったらつまらない。秘密があることで(見る人に)当日の喜びを与えるだろう」とチャン氏。式典の時間内で中国の文化、歴史のすべてを表現するのは不可能と語り、「特徴的なものを選んで出す。外国人にも分かりやすいようにしている」と語った。 
[時事通信社:2008年3月12日(水)21:06]

五輪開会式 雨なら一部演出を中止も
北京五輪開会式の演出総監督を務める映画監督の張芸謀氏は12日、北京で開かれた記者会見で、8月8日の当日が雨の場合は空中での演技やハイテク機器を使う演出を中止する可能性を明らかにした。
中国の気象当局は開会式が行われる8月8日などに人工降雨技術で北京周辺に雨を降らせ、北京を好天にする計画を進めているが、張総監督は「雨はわたしの最大の心配だ」と述べた。
全世界から開会式用に募集している子どもの笑顔の写真は「終盤のある瞬間に一度に出す」と説明。他の質問は「開閉会式にかかわる全スタッフは秘密保持を守る合意書にサインしている」とかわした。
[日刊スポーツ:2008年3月12日20時31分]

2008.03.12

旅行に行ってきました-5

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

 

 スペインはマジョルカ島です。

ずっと行きたかったところのひとつ。
本当は夏に行けると良かったんだけれど。

でも、ここも暑すぎないちょうど良いあったかさで、
オフシーズンなので静かだし、なかなか良かったです。

 

2008.03.11

旅行に行ってきました-4

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

   

 おいしいものシリーズ。

魚介類は好きではないのですが、せっかく海の町に行ったので、食べました。
サングリアも太陽にキラキラしてキレイ。

下のココアは、ナッツの風味とトロッとした感じが不思議な飲み物。
アルゼンチン料理屋さんで食べたステーキは、
今まで食べた牛肉で一番おいしかったです。

2008.03.10

旅行に行ってきました-3

Posted at 12:05 | Reporter: メリープロジェクト

 

 ポルトガル第二の都市、ポルトに移動しました。
こんもりとした丘の上に立つかわいらしい街でした。
ポルトガルの街は、洗濯物を窓の外に干すのが特徴。
他のヨーロッパの町は、洗濯物を人目に付くところに干すのはタブー。
野良猫もいっぱいいました。

 

2008.03.08

旅行に行ってきました-2

Posted at 12:05 | Reporter: メリープロジェクト

 

 リスボンは、暑過ぎないくらいのちょうどよい天気に恵まれました。
15度くらいかな。
空と海が青くて、家の屋根が赤くて、
ところどころに緑があって、すごくかわいい街。

 

食べ物はシンプルで、素材の味を生かしたお料理、とでも言うべき?
焼き魚はレモンと塩で。
左の写真の黄色いのは、卵黄の塊のお菓子で、とても食べられませんでした。
右のカスタードのは、けっこう焦げてるけどおいしかったです。

2008.03.07

旅行に行ってきました-1

Posted at 12:05 | Reporter: メリープロジェクト

 

 まずは一日目、ポルトガルはリスボン。

想像していたよりも、都会のような、田舎のような。

七つの丘のある町と言われるだけあって、坂道だらけ。
小さな街なので、距離としては歩くのに問題なくても、
坂道なのでヒザがかくかくになりながら、朝から晩まで歩き回りました。

 

ポルトガル語なんてもちろんできないので、メニューが読めなくて困ったけど、
とんでもない料理はとりあえず出てきませんでした。
でもこれは、もっとちゃんと大きいメイン料理のはずだったけど・・・

夕焼けがとてもキレイな街でした♪

2008.03.06

「ストリートチルドレン芸術祭」

Posted at 12:05 | Reporter: メリープロジェクト

 世界の路上生活の子救援 佐々木氏ら東北福祉大OB

家がなく、路上で生活する子どもたちが世界に約1億人いるといわれている。彼らが描いた絵をカレンダーにする日本のプロジェクト「ストリートチルドレン芸術祭」に、このほど東北福祉大(仙台市)OBのスポーツ選手が協力した。

インド、メキシコ、カンボジアなどの現地ボランティア団体が集めた絵を、静岡県熱海市の小嵐中学校を中心とした事務局がカレンダーにし、2006年版から 販売開始。収益金は子どもたちの自立支援や学費にしている。このほど東北福祉大の生田目学文准教授のゼミが、08年版を独自に製作。同大ゆかりの新旧トッ プアスリートが選者となった。

元大リーガーの佐々木主浩氏、現役プロの金本知憲外野手(阪神)、ゴルフの谷原秀人選手や今春卒業予定の 佐伯三貴選手ら豪華な顔触れ。現役大リーガーの斎藤隆投手(ドジャース)は、オフの帰国中に引き受け、パイプをくわえた赤い帽子の男性を描いたブラジルの 子どもの作品を選んだ。

作者の性別、年齢は不明だ。路上で暮らす子どもの中には、自分が何歳か分からない場合も多い。「ロサンゼルスで貧富の差が激しい現状は見ているが、ストリートチルドレンの存在には驚いた。寂しげで不思議な感じの絵にもひかれた」と斎藤投手。

プロスポーツの本場米国では、選手のボランティア活動は盛ん。斎藤投手は「大リーガーという立場を生かして、何か力になれれば」と話す。東北福祉大版カレンダーは1部1000円。詳細はホームページhttp://wwwx.tfu.ac.jp/jhp/scc.htmlで。

河北新報ニュースよりお届けしました!

2008.03.06

【金沢】「虹の街」できた

Posted at 12:05 | Reporter: メリープロジェクト

 

「虹の街」できた 児童が描く夢の都市 金沢・米泉小6年生 卒業制作で模型

金沢市米泉小の六年生が三日までに、「虹の町」をテーマに取り組んでいた立体模型を 完成させた。卒業制作として、高層ビルやタワー、広い庭など夢にあふれた街並みを木材 などで自由に表現し、虹をイメージして着色した。十九日の卒業式で披露した後、校内で 展示する。米泉小は虹を「人と人、学校と地域などをつなぐ懸け橋」(金谷康弘校長)と見立て、ジャングルジムや校門の門扉を七色で塗り分けているほか、校舎内に「虹の広場」と呼ば れる場所があるなど、虹をふんだんに取り入れている。

立体模型は、六年生が「卒業後も学校で展示できるものを作りたい」と希望したのがき っかけで、昨年十一月から図工の時間を利用して制作していた。材料は金沢建具協同組合 から提供を受けた廃材などで、糸のこなどで加工した上で、アクリル絵の具で着色した。

模型作りは現在の六年生四十七人と既に転校した一人が取り組んだ。一人当たり三十セ ンチ四方の板の上に、王宮のような立派な建物やゲートのほか、滑り台やベンチなども設 置された。道路も描かれ、全員の作品が道でつながるようになっている。

立体模型は校舎内の階段で展示される予定で、金谷校長は「とてもいい作品に仕上がっ た。虹をテーマにした作品が増えることもうれしい」と話している。

北國新聞よりMERRY NEWSでした。

2008.03.03

【香川】「ど根性大根」の親子ニョッキリ

Posted at 12:00 | Reporter: メリープロジェクト

 四国新聞社よりMERRY NEWSをお届けします!

コンクリートの隙間からタンポポが生えているのは、よく見る光景ですが、まさか大根も生えてしまうとは…
自然の生命力には驚かされます!びっくりMERRY!

—————————————————————————————–

香川県丸亀市綾歌町の住宅地で、アスファルトとコンクリートのつなぎ目から2本の大根がニョッキリ。1本は葉の部分しか見えないが、隣のもう1本は白い 根が15センチほど地上に出現。わずかなすき間で仲むつまじく、力強く生きる「親子ど根性大根」に、住民も静かにエールを送っている。

1日夕、近くで遊んでいた平田雅裕君(8つ)が見つけ、一緒にいた兄の悠真君(11)とともに自宅の両親に連絡した。「何でこんなところに大根が生えとるんやろうとびっくりした」と雅裕君。母親の仁美さん(41)も「どこかから種が飛んできたのかしら」とけげんそう。

日当たりが良くない場所だが、「親子」はとても明るく元気な様子だ。雅裕君は「みんなで大事に見守ってほしい」と話している。

  • PREV
  • NEXT
ページのトップへ