• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2010.11.30

日本とケニアの架け橋 MERRY

Posted at 18:20 | Reporter: メリープロジェクト

 ナイロビからバスに揺られること6時間。

ケニアの西部にあるカイモシへ
日本とケニアの架け橋MERRYを探しにやってきました。

バスを降りて向かった先は
ねがい世界教育センター

ここでエコ村づくりに取り組む長田さんご夫婦にお会いしてきました。

このご夫妻は平和への思いから広島の中学生が当時作った
「ねがい」という歌から始まったプロジェクト(世界一長い歌のプロジェクト)
http://www.jearn.jp/2003conference/negai/index_j.html

が縁で日本での教師を退職し、ケニアの西部にあるカイモシという地域で「ねが
い国際教育センター」という名の学校を建設しています。来年に開校予定です。

この「ねがい」という平和への歌が
ケニアという土地で
新たな形となって芽を開こうとしています。

僕はここで少しでも力になれればと思い
毎日、朝8時からと15時から日本語を教えています。

生徒たちはまだ日本語を習い始めたばっかりだけど
皆さん本当に勉強熱心な人たちばっかりです。

またこの子たちと遊ぶのも毎日の日課です。
サッカーしたりフリスビーしたり…

 

ご夫婦は土壌改良、教育、雇用、エコなどエコ村づくりには、これからの課題が
たくさんありますが本当に楽しそうに取り組んでいます。

エコツアーも企画しています。
詳しくはこちらhttp://www.jeps.co.jp/africa/kenya_life.html

「持続可能な発展ができるエコ村づくり」を目標に活動している
ご夫婦はまさにMERRYそのものでした。

いくつになっても夢を持ち、MERRYな気持ちを大切にしよう!
そう感じさせてくれる場所でした。

http://ameblo.jp/yu-freestyle/

2010.11.29

【速報!】MERRY MUSIC in LAO

Posted at 16:05 | Reporter: メリープロジェクト

  

3つの村で、500人以上の子供たちの笑顔を撮影、
Merryなメッセージを取材しました!
みんなで、歯みがきの歌を歌い、そして、笑顔の傘を開き、ゴミ拾いをしました。
ラオスの子供たちの笑顔からエネルギーをいっぱいもらい、
MERRY MUSIC in LAOは大成功!

詳しくは後日、メリーコラムで掲載します!

2010.11.28

MERRYな講演会@FUJITSU

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

  

2010年11月20日静岡県三島にあるFUJITSUユニバーシティにて
講演会を行ないました。
ここは富士通の社員の方々が、「人間力」に関わる講演や
ワークショップを通じて研修を行なう施設なのだそうです。
この日も多くの社員の方々が、講演に聞き入ってくれていました。

今回いただいた感想をご紹介致します。

・人間力について、これまであまり深く考える事も無かったが、
今後は意識して考えたいと
思える内容であった。
・常に情熱を持って全力で取り組んでいる方のお話は非常に楽しく、気づきがあった。
・熱意にあふれた内容で触発された。
・やはり社会への貢献によって自分の存在意義があるのだと思った。
・やると決めたら絶対にやるという情熱が凄いと思った。通常リスクを恐れるが、
水谷氏は
リスクよりも情熱が強い。とても説得力のある内容であった。


・仕事で人を幸せに出来る事は理想の仕事の形だと思った。
実際に実践している方に直接話を
聞く事が出来た事が非常に有益であった。
・情熱はそれまでの苦労を越え、苦労以上の喜びと幸せをもたらす事を
体現している方だと
非常に感銘をうけた。
・自分が本当にやるべき事は何かを考えさせられた。
・巻き込む力、やりとげる力の重要性を感じた。
・自分が最も大切にしている価値観を見失わずに、必ずそこに立ち戻って行動する事の難しさ、
重要性を実体験に基づいたお話からよく理解する事が出来た。
・デザイナーという畑違いの方であったが、
「情熱」によって人を動かすという点は我々の仕事でも同じだと感じた。
・物事を引いて見る力を大切にしたいと思った。
・笑顔に特化したMerry Projectの取り組みを知る事が出来た。
・水谷氏のバイタリティに驚かされた。
・普段当たり前になっている笑顔の大切さを改めて気づかされた。
・「情熱を持って」「原点に戻って」というコメントが強く残っており、
自分が大切にしている
ものは何か、自分は情熱を持って行動しているか、
自問自答するきっかけを与えてもらった。
・久しぶりに凄い人を見た。
・商業デザインを手がけていた時の、欲求の本質を見抜き、
シンプルにまとめる事の重要性に
共感出来た。
・継続する事の重要性、難しさを知った。
・時代の流れに適応しながらも、自分のやるべき仕事を常に考えながら仕事を進めていく
必要
がある事を認識出来た。
・自分の仕事に誇りを持って、諦めない事が重要だと痛感した。
・結果として最後に全員(お客様含む)が笑顔になれる活動を行えるように努力したい。
・社会に誇れる事を行う為のきっかけを自分もつかんでいきたい。
・「自分が何としてもやる」「自分にやれせてくれ」という熱い思いが
仕事には重要である事を
再認識出来た。
・ただただ感動した。。。
・これまでの業歴とともに社会をデザインする現在の活動までを熱く語ってもらった、
とても
楽しい講義であった。
・社会をデザインするという言葉に共感を持った。
・デザインをテーマにした「人間力」というすごい価値観と生きがいについて説明いただいた。
・商業的な取り組みと社会貢献の両面で話しを聞く事ができ、
今後のビジネスへの姿勢を考え
させられた。もっと深く話しを聞きたいと思う内容であった。
・情熱が企業を変え、また社会に貢献出来ている事、また情熱と信念によってアイデアを導き
出し、
お客様の期待に応える事など我々の業務にも当てはまると思った。
・個人的なエゴを捨て、一人の人間として人のため/社会のために
情熱的に何事も取り組んで
いきたいと思った。
・笑顔が出来る動物は人間だけのもので、素晴らしいものだと思った。
・情熱は人に伝染するとよく言われるが、
水谷氏はまさにそれを地でいく方で、非常に感銘を
受けた。
・何故そこまで情熱を注ぐ事が出来るのかをもっと深く知りたかった。
・情熱こそが全てをつき動かす。富士通DNAに通じる精神を感じた。
・イキイキとした仕事の仕方が伝わってきた。
・笑顔に行き着く過程が面白く、それらを実践している姿に自分自身熱くなり、感動した。
・スキルと意識の高さに加え、自分が信じる人間をデザインする情熱、気持ちに圧倒された。
結果を出し続ける事にこだわらず、新しい物に向う姿勢も共感出来た。

また研修担当の方からはこの様な感想もいただきました。

水谷様の幅広いご体験をもとに、情熱をこめてパワフルにお話しいただいたお陰で、
多くの受講者は、異なる分野でも根っこの部分で自分の仕事に共通していることを発見できたと同時に、
水谷様の並外れた行動力を支える人間味溢れるおもい、ぶれない基軸に感動し、
強く興味をかきたてられたようです。
水谷様の純粋な魅力、まさに「人間力」に魅了され、刺激を受けた新任幹部
社員が今回非常に多く、大きな満足感が受講者にもあったようです。心から感謝しております。

講演のご依頼、受け付けております。
ご依頼・お問い合わせは→ studio@mizutanistudio.com までお願い致します。

2010.11.27

MERRT TRIP PROJECT 報告会のお知らせ

Posted at 11:30 | Reporter: メリープロジェクト

 こんにちは!

MERRY TRIP PROJECTの原田ゆかりです。

今回、この夏に行った旅の報告を兼ねた交流会をすることになりました!

旅先での出来事、そこで私たちが見たこと感じたこと、みんなにも知ってほしいことを、発信していくMERRYな場にしたいと思っています。

★MERRY TRIP PROJECT報告会 ”MERRY GO ROUND”

日時:12月19日(日) 14:00~

場所:中津アートカクテル(大阪・阪急宝塚線中津駅徒歩1分)

内容:旅の活動報告、アジアン小物ワークショップ、旅の写真展、アート・ダンスパフォーマンス、Just Smile!!など

MERRY TRIP PROJECTに関しては、こちらをご覧になってみてください

http://justsmile-merry.com/trip/

 

みなさんとMERRYな空間を楽しむことが出来るよう、ただいまみんなで準備中です!

またお知らせするので、よろしくお願いします!

2010.11.26

MERRYな講演会@政策研究大学院大学

Posted at 11:30 | Reporter: メリープロジェクト

  

11月9日(火)に、六本木にある政策研究大学院大学にて
講演会を行ないました。
講演会はビジネスから社会貢献までの幅広い内容。
当初一時間半を予定していましたが、2時間を越える大講演になりました。

このような講演を行なうことで
いつも多くの新しい出会いがあります。
今回もたくさんの人たちとつながりを持つことができ、
今後も何か新しいことができそうな予感がしました。

今回いただいた感想はこちら。
・今までお聞きした講演で最も幸せな気持ちになる&
一番大切なことを思い出させてもらえるお話でした。
・感動しました。ただそれだけです。笑顔って簡単なことだけど、
心からの笑顔を出せるのは子どもだけなのかなと、
それが未来を作っていくことを痛感しました。
・本当になすべき仕事がなんなのかを考えさせられると
同時に元気をいただきました。
・水谷さんの悩み、喜びが手に取るようにわかりました。
素晴らしい講演でした。中国のオリンピックのお話に感銘を受けました。
・想いをカタチにするってステキなことだと思います。
強く想えば願いが叶うなら私も頑張りたいと思います。
・人の笑顔は人の心を動かす。笑顔は世界共通の平和の象徴だと思います。

政策研究大学院大学では多くの講演を行なっておりますので
是非一度講演に参加してみてはいかがでしょうか?
http://www.grips.ac.jp/jp/

2010.11.25

TOKYO DESIGNERS WEEK 2010

Posted at 15:20 | Reporter: メリープロジェクト

  

10月末、毎年この時期はデザインの秋、
東京がアートとデザインに染まる季節です。
デザイナーズウィークやデザインタイドなど様々なイベントが目白押し。
そんな中、今年で25年目を迎える
「TOKYO DESIGNERS WEEK 2010」
(明治神宮外苑前)に行ってきました。

今年のテーマは環境×デザイン、「くらしと環境のデザイン展」。
まさに今の時代背景に即したテーマです。
入ってすぐ目に入る、空間全体を使って「環境」や「デザイン」を表現した
TDWドームからはじまり、様々な企業や学校、クリエイターが
「環境とデザイン」を表現していました。

 

またこの日はBravo Taiwanという台湾の国家パビリオンに、
以前水谷が講義を行った 台南科技大学の先生でもある、
丁さんご一行をご案内していたのですが、本当に様々な
国が参加していました。他にも建築家の伊東豊雄さんをはじめ、
いろいろな人に遭遇。

従来の「いわゆるデザイン」にとらわれない、
私たちのくらしや環境により密着した
「これからのデザイン」の可能性を感じる一日でした。

2010.11.23

MERRYな京都に乾杯!

Posted at 00:15 | Reporter: メリープロジェクト

古き良き京都から出る、若さの好奇心と
これからの未来を作っていく若者のエネルギー。

社会に置けるソーシャルデザインを
実践した二日間でした。

笑顔の傘を持った京都のジャンヌダルクと仲間たちに乾杯!
MERRY IN KYOTO大成功!

→詳しくはMERRYコラムへ

2010.11.22

同じ地球を旅したすべての仲間たちへ

Posted at 14:05 | Reporter: メリープロジェクト

皆さん、はじめまして。
筑波大学4年次休学中の小林雄です。
これから”ある人”に会いにアフリカを旅する僕が現地で感じてきた
MERRYをレポートしていきたいと思います。よろしくお願いします。

まず、アフリカについて話す前にどうしても伝えたい日本のMERRYがあるので
初回の今回はそのことについて書きたいと思います。

先日、新宿で小さな写真展が開催されました。

「Tatsushi Doi Photo Exhibition~旅の女神にキッスして~」

これは彼(たっちゃん)が綴っていたブログのタイトルでもあります。
http://ameblo.jp/hotel-pilgrims/

旅人にとってブログは重要な情報源です。
僕は彼のブログの読者でした。直接会ったこともないし、
彼は僕のことなんて全く知りませんが、僕は日本にいて旅の準備をしていた頃、
まるで自分が旅しているかのようにブログを読んでいました。
それだけ、惹き付ける”何か”がありました。

しかし、もうたっちゃんのブログが更新されることはありません。
今年の四月。旅先のタンザニアで交通事故により命を落としてしまいました。

そんなたっちゃんの写真展が先日開催されました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20101103/CK2010110302000070.html
東京新聞より


僕はたまたま日本にいたので写真展に行くことができ、
彼のご両親とお話することができました。

息子の死後にこのブログの存在を知ったこと。
アフリカにいるなんて全く思っていなかったこと。
旅先で出会った多くの方がこの写真展に来てくれたこと。
ブログ本を出版したいということ。
夫は今ではすっかりブログのストーカーになってしまって、
息子の旅友のブログをこまめにチェックするようになったこと。
そして、そんなことがあったにも関わらず若者はもっと海外へ行くべきだと強く
言っていたのが非常に印象的でした。

子どもたちの笑顔の写真もたくさん展示してありました。

ご両親にとってのMERRYを聞いてみると、こう答えてくれました。

「この写真展を開いて息子の友達や旅先で出会った旅人やゆうくんのように
ブログを読んでいてくれた方々、それから遠方から新聞を見て来てくれた方まで
本当に様々な方がここに足を運んでくださいました。
つらいことを思い出してしまうけど、それでも
それでも
30分でも10分でも息子のことを思っていてくれて、ここに来てくれた。
そのことが私たちにとってすごく嬉しい。
息子が残したこの”つながり”が私たちにとってのMERRYかしら。
つながりって本当にすごいですね。」

そんな会話をしている間も続々と
新聞片手にやってくる方や
エジプトでたっちゃんに出会って〜…とか
直接の友達ではないんですけど、オーストラリアにいる共通の知人に頼まれて
代わりに見てきてほしいって頼まれて〜…とか
本当に様々な”つながり”を持った方が訪れてきました。

「まさにこんな感じだよねー」
そう言って、隣にいたたっちゃんの姉が指差したのは
壁に飾れていていた情報ノートの1ページ目のコピーでした。

この情報ノートはナイロビでそこのゲストハウスを訪れる旅人のために
たっちゃんが買ったものだそうです。
そこにはこう書かれていました。

仲良くなった人へも

すれ違っただけの人へも

これから出会う人へも

一生出会わない人へも

同じ時代に 同じ地球を旅した

全ての仲間たちへ

2010/4/4  達 with biggest love and kisses

小さな写真展はご家族の愛情やたっちゃんのことを想って訪れた方々の
大きな大きなMERRYで一杯でした。

僕がアフリカにいく前にここに来れたのは運命のように感じます。

ご家族と旅仲間たち

たっちゃん、ありがとう。

いってきます。

ーーーー

成田から13時間かけてエジプトのカイロへ
カイロから5時間かけてケニアのナイロビに着きました。

朝4時に真っ直ぐ向かった先は
ダウンタウンにあるゲストハウス
ニューケニアロッジ。

ここにくれば彼に会えることを知っていたから。

残っていればの話だが・・・

遡ること一週間前僕は新宿の写真展にきていました。
入口を入ってすぐのところに探していたものがありました。

30分くらいだろうか

とにかくぼーっとそこに飾られていた
情報ノートのコピーを眺めていました。

あれから一週間後
日本から10500km離れたここナイロビで
同じものが見たくてここにやってきました。

ドキドキしながら
ボロボロになった情報ノートを見つけ最初の1ページ目を開いてみると

そこには
確かに

確かに彼の文章が存在しました。
やっと会えたな。たっちゃん

そんな気持ちで一杯だった
想像はしてたけど実際に会ってみると
さすがに泣けてくる。

一週間前に彼のご両親が
おっしゃっていた”つながり”という名のMERRYが

僕をここに来させた。

まるで未来のたっちゃんがナイロビにいるたっちゃんに書かせたような
そんな素敵な文章は
僕の心にすんなり染みていきました。

一生出会わない人へ…か

僕は彼のブログを通して多くのものをもらいました。

僕はそんな彼のために一体何ができるのだろうか。
http://ameblo.jp/yu-freestyle/

2010.11.16

SO+ZO展

Posted at 10:50 | Reporter: メリープロジェクト

11月13日~11月28日まで、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて、
「SO+ZO展 未来をひらく造形の過去と現在 1960s→」が開催されています。
この展示会は、桑沢デザイン研究所、東京造形大学の創設者であり、
デザイナーでもある桑澤洋子の生誕100年を記念する事業の一環
として行われ、同行の卒業生である水谷孝次も出展しています。

お時間のある方は是非お立ち寄り下さい。

→詳細はこちら

2010.11.12

ロスでmerryなビジネス合宿

Posted at 12:10 | Reporter: メリープロジェクト

 いまさらとなってしまいもうしわけない!

立命館大学4回生、村瀬綾です!

むらせりょうです!

このたび立命大のさたけ(アンジェラ)から話しをもらって、

merry trip 個人の部として協力させていただくこととなりました!

僕はこの夏、アメリカロサンゼルスとメキシコのメキシコシティにて行われる

とんでもなくきついビジネス合宿に参加してきました!

下の写真にあるように、ロスでスーツで日本の学生がビジネスの様々なmissionに立ち向かっていくセミナーです。

詳細は

CVS Leadership Institute (CVS)

http://cvsleadership.com/

をて頂ければと思います。

ここでは僕の感じたmerryにfocus on したいです。

この企画の趣旨はあなたにとってのmeery とは、とかそのtripで感じたことといったことであると理解しています。

そうであるならこのビジネス合宿は少し趣旨からそれるのでは?思うかもしれません。

しかしながら、もし旅の意義が海外にいってたくさんの人や新たなものと出会い、新たな自分、価値

観に出会えるとこにあるのであれば、今回のビジネス合宿はどうしようもなくtripでした。

詳細はまた書きたいと思いますがビジネスというコミュニケーション手段を通して人はここまで幸せに、笑顔になれるのかと痛感させられる日々でした。 

下の写真は、愛する吉野屋のアメリカ本社に突撃営業して成功したときの写真です。

僕の嬉しそうな顔がわかりますよね?笑

それでは、またまた。

2010.11.11

笑顔のグッドデザイン賞 授賞式

Posted at 22:15 | Reporter: メリープロジェクト

  

11月10日ミッドタウンホールにて
グッドデザイン賞授賞式が開催され、
MERRYスタッフが授賞式に行ってきました。

今年は、子どもの笑顔をデザインする/MERRY PROJECT 2009として
「Merry Umbrella Project」「Merry Farming」として応募し、
グッドデザイン賞受賞しました!


今回のグッドデザイン賞には、あのAKB48が大賞にノミネートされるなど
社会現象にまで影響するグッドデザインが多く見られたような気がします。

プロジェクト部門の審査委員長である佐藤可士和さんも
このように講評しています。

高度情報化社会へとますます加速していく現在、従来では想像もつかなかったほどデザインの領域は急速に拡大し続け、またその役割も、物の在り方の本質に関 係するような非常に重要な部分を担うようになっている。「コミュニケーション」という視点で捉えれば、デザインの使命はさらにクリアになるであろう。企 業、商品、パッケージ、広告キャンペーン、ウェブサイト、インターフェース、サービス、イベント、プロジェクト等々、全ては個々のデザイン領域だけでは評 価することは不可能。各々があらゆる関連性の中で相対的に存在し、またその価値も状況と共に変化していくことをどう捉えるかが、グッドデザインを見極める 上で非常に重要だ。同時にそれは、このようなアワードで既存のカテゴリーにわけて審査をすることが年々困難になってきている状況も表している。それはグッ ドデザイン賞だけが抱える課題ではなく、あらゆる領域にあてはまり、まさにこのようなアワード自体のデザインを今後どうしていくかが大きな課題であろう。
理想的なビジョンと現実的な運営との折り合いをどうつけるか、それを解決していくのもまたデザインに課せられた使命である。しかし今大切なのは、明らかに 以前とはデザインの捉え方、見極め方が変化し、今後もっとスピーディーに劇的な価値の変化が起こり得ることを認識しながら、何がグッドデザインなのかを考 えていくプロセスである。そのような中で「AKB48」 が印象的だったのは、先に述べたデザインとしての捉え方が非常に新鮮な視点を提示していたからであろう。これは真に新しいエンターテインメントビジネスの デザインなのである。もちろん、単に人気があるからというだけではない。しかしこの「人気」という要素もコミュニケーションという観点では評価の上で絶対 に無視できないファクターであるのも事実。これは「AKB48」に限らず、世界的にヒットした商品、サービスなどを見れば明らかである。あらゆる意味でコミュニケーションにおけるグッドデザインとは何なのか、それを探るための旅は続く。 高度情報化社会へとますます加速していく現在、従来では想像もつかなかったほどデザインの領域は急速に拡大し続け、またその役割も、物の在り方の本質に関 係するような非常に重要な部分を担うようになっている。「コミュニケーション」という視点で捉えれば、デザインの使命はさらにクリアになるであろう。企 業、商品、パッケージ、広告キャンペーン、ウェブサイト、インターフェース、サービス、イベント、プロジェクト等々、全ては個々のデザイン領域だけでは評 価することは不可能。各々があらゆる関連性の中で相対的に存在し、またその価値も状況と共に変化していくことをどう捉えるかが、グッドデザインを見極める 上で非常に重要だ。同時にそれは、このようなアワードで既存のカテゴリーにわけて審査をすることが年々困難になってきている状況も表している。それはグッ ドデザイン賞だけが抱える課題ではなく、あらゆる領域にあてはまり、まさにこのようなアワード自体のデザインを今後どうしていくかが大きな課題であろう。
理想的なビジョンと現実的な運営との折り合いをどうつけるか、それを解決していくのもまたデザインに課せられた使命である。しかし今大切なのは、明らかに 以前とはデザインの捉え方、見極め方が変化し、今後もっとスピーディーに劇的な価値の変化が起こり得ることを認識しながら、何がグッドデザインなのかを考 えていくプロセスである。そのような中で「AKB48」 が印象的だったのは、先に述べたデザインとしての捉え方が非常に新鮮な視点を提示していたからであろう。これは真に新しいエンターテインメントビジネスの デザインなのである。もちろん、単に人気があるからというだけではない。しかしこの「人気」という要素もコミュニケーションという観点では評価の上で絶対 に無視できないファクターであるのも事実。これは「AKB48」に限らず、世界的にヒットした商品、サービスなどを見れば明らかである。あらゆる意味でコミュニケーションにおけるグッドデザインとは何なのか、それを探るための旅は続く。

また来年のグッドデザイン賞には一体どんなものが 大賞をとるのでしょうか?
来年はどんなMERRYを応募しようか、今から楽しみです。

→グッドデザイン賞ウェブサイト

2010.11.10

生物多様性条約(CBD)パートナーシップ

Posted at 14:45 | Reporter: メリープロジェクト

  

先日開催したMERRY COP10を経て、正式に生物多様性条約(CBD)とパートナーシップを結ぶことになりました!
CBDのスタッフであるマテウス・バンスキ氏がメリープロジェクトの事務所を訪問。2011年からはじまる「国連/国際生物多様性の10年(UN Decade for Biodiversity)」に向けての計画や、契約のための手続きの流れなど、約4時間に渡り打ち合わせを行いました。

来年からメリープロジェクトは「生き物も笑顔もいっぱいの世界に」をテーマにCBDとともに世界中でMerryの輪を広げる活動を展開します。
今後の展開に乞うご期待!


「全ての人に健康、そして幸福を。よりよい未来のための楽観論」
by Mateusz Banski from CBD

・生物多様性条約(CBD)についてはコチラ
・CBD公式ホームページでの紹介はコチラ
・CBDパートナーシップページはコチラ 
・MERRY COP10コラム
・最新の掲載記事

2010.11.09

Merry in 多摩センター 撮影会1週目!

Posted at 11:05 | Reporter: メリープロジェクト

  

11月6日、7日と現在「Merry in 多摩センター」を開催中の、
多摩センター三越にて水谷孝次による笑顔の撮影会を行ないました。

これは撮影したMERRY写真をプリントしてプレゼント、各階にあるツリー
にも同様の写真を飾り付けるというものです。
11:00/12:00/14:00/16:00の計4回。
各回、予想を遥かに上回るたくさんの人が押し寄せ、大盛況でした。

   

撮影会は今週末、11月13日(土)、14日(日)にも行なわれ、
13日には多摩センターイルミネーション点灯式にて
笑顔の傘を一斉に開きますので是非今週末は多摩センター三越へ!

→「Merry in 多摩センター」の詳細はこちら
→多摩センター三越へのアクセスはこちら

2010.11.08

Merry Bowwow in Roppongi

Posted at 23:10 | Reporter: メリープロジェクト

前回犬山でイベントを行ってから、早半年。
着々と準備を進めていた東京でのMerry Bowwowプロジェクトが、ついにキックオフ!

飼い主さんの笑顔とワンちゃんの笑顔がプリントされた
傘を持って六本木の街に繰り出しました。
元麻布にあるMERRY STUDIOから住宅街や公園を抜け、六本木ヒルズへ!
様々なところでMERRY WALKしました。

  

道行く人々も思わず立ち止まり、笑顔がこぼれます。
「かわいい!」「是非うちのワンちゃんの傘も作って欲しい!」
というような声もたくさん。
今回を皮切りに、また色々展開していきますので、続報をお楽しみに!

2010.11.07

高田馬場ワールドフリーマーケット

Posted at 19:40 | Reporter: メリープロジェクト

    

11月7日、東京の高田馬場でチャリティを目的としたフリーマーケット「高田馬場ワールドフリーマーケット」が開催されました!
出展者は東南アジアへの支援を行っている学生団体をはじめ、通常の出展者と様々。普段は活動も目標も様々な人々が集い、ある一つのテーマを持って店を開きました。
それは“視覚障害者に優しい街、高田馬場”。
今回の高田馬場ワールドフリーマーケットの売り上げの一部は盲導犬協会へ寄付されます。

  

会場のまわりには40もの笑顔の傘が設置され、より良い社会を目指すこのフリーマーケットを応援、Merryな空気で包んだ。
フリマには大勢の来場者が訪れ、ライブなどのパフォーマンスも充実。
最後には出展者の人たちが笑顔の傘を一斉に開き、高田馬場からMerryを発信。終止笑顔の耐えないとてもMerryなフリーマッケットでした!

2010.11.06

ダルニー・フェスティバル 2010

Posted at 16:10 | Reporter: メリープロジェクト

  

本日11月6日(土)東京都広尾にあるJICA地球ひろばにて民際センター支援者の集い「ダルニー・フェスティバル 2010」が開催され、MERRY PROJECTはミュージックプロデューサー・つんくさんと民際センターとのコラボプロジェクト「Merry Music Project」のブースを出展。支援者の方々や社会事業を展開する人々との交流を深めました。

  

フェスでは地域連絡会や協賛企業がブースを出展、昼食を取りながらの情報交換、民際センターの理事でもある小説家の阿刀田 高さんのトークショーや山梨英和中学高等学校の社会事業の紹介など盛りだくさんのコンテンツを展開。
様々な活動を知り、学び、交流を深めることのできるダルニー・フェスティバル 2010の会場は常に笑顔が絶えないとてもメリーなフェスでした!

Merry Music Projectイベント情報はコチラ

民際センターに関してはコチラ

2010.11.05

Merry in 多摩センターいよいよ今日から!

Posted at 12:30 | Reporter: メリープロジェクト

    

昨日深夜までおよんだ設営も終わり、
いよいよ今日から多摩センター三越にて
「Merry in 多摩センター」が始まりました!

 

12月にはまだ時間がありますが、多摩センター三越ではもう
クリスマスムード一色。
そんな店内をMERRYに彩るのは様々なところに設置された
世界中の「MERRY SMILES」ー 大きな笑顔のパネルや笑顔の傘、
笑顔のオーナメントが飾られたMERRY TREEなどなど。

そして明日から、11/6、7、12、13と水谷孝次による撮影会が行われます。
こちらは撮影した写真をその場で出力、ツリーに飾る他、1枚プレゼント!
各回定員がありますので、ご予約はお早めに。

この展示は12月25日(土)まで行われます。
みなさまも是非「Merry」X’masを多摩センター三越で体感して下さい!

→「Merry in 多摩センター」の詳細はこちら
→多摩センター三越へのアクセスはこちら

2010.11.04

Just Smile!! × 堀江音楽祭

Posted at 16:00 | Reporter: メリープロジェクト


先日、10月29日(金)~31日(日)に大阪の堀江周辺で
約100名のアーティストが様々な場所でライブを行う堀江音楽祭が開催されました。

Just Smile!!が参加したのは、30日と31日ですが、
なんと617名の笑顔を集めることができました。

続きを読む

2010.11.01

伊勢丹新宿店 展示期間延長!11/9まで

Posted at 12:05 | Reporter: メリープロジェクト

  

現在、伊勢丹新宿店にて笑顔の傘ワークショップに参加された子どもたちの笑顔が
6Fベビー・子供服フロアに展示中!
好評につき、11月9日まで展示期間を延長することになりました!
フロアいっぱいにひろがる子どもたちの笑顔に是非会いに来て下さい。

→イベントの詳しい情報はこちら

  • PREV
  • NEXT
ページのトップへ