• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2014.11.11

ESDユネスコ国際会議、名古屋で開幕!

Posted at 20:25 | Reporter: メリープロジェクト






「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」が
10日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で開幕しました。
100カ国以上から閣僚やESDを実践する非政府組織(NGO)の関係者ら
約1000人が参加し、未来の地球について考えます。

期間中は会合やテーマごとのワークショップを開かれ
この10年間に各国が進めてきたESDの取り組みを紹介し、議論します。
最終日には、持続可能な社会づくりに向けた行動を呼びかける
「あいち・なごや宣言」を採択する予定です。

MERRY PROJECTは本会議場で
ESDの取り組みを紹介する展示を2箇所で展開しています。


〈続きを読む〉から記事が続きます。

続きを読む

2014.11.08

ESDユネスコ世界会議、はじまる!

Posted at 21:55 | Reporter: メリープロジェクト


2014年11月10日から12日に名古屋国際会議場で
「ESDユネスコ世界会議」が開催されます。
MERRY PROJECTは、笑顔でESDを伝えるため
併催イベント「あいち・なごやESD交流フェスタ」に参加。
アースディwithマイケルとコラボした笑顔の傘パフォーマンスや
笑皿アートワークショップ、ふくしまっ子の笑皿展示を展開!
ESDを学べるメッセージブック
「地球はメリーゴーラウンド」の読み聞かせ&特別販売も行いました。

また名古屋テレビ(メーテレ)に取材していただき
当日の夕方のニュースに取り上げて頂きました。
→名古屋テレビ「ESDユネスコ世界会議に関するイベント」


1 地球はメリーゴーラウンド/読み聞かせ
メリープロジェクト15周年を記念して発売された 
「地球はメリーゴーラウンド」の読み聞かせを実施。
子どもたちとお話をするように
コミュニケーションを交えながら本を見てもらいました。
子どもたちは地球のこれからと、私たち人間の未来に興味津々。
未来の担い手の子どもたちに期待です。



2 MERRY WORKSHOP/笑顔のアート皿を作ろう!
生活の中にある素材を使って
「笑顔」を表現する紙皿アートのワークショップを実施。
さすがはESDを知っている名古屋の子どもたち。
地球の笑顔を描いてくれた子どもや
ESDという文字をいれてくれた子どももいました!

メリーブースには「ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト」の
笑皿の一部も展示し、福島と名古屋が笑顔でつながりました!!
イベントに訪れた人たちは、
笑皿や笑顔の傘に引き寄せられるようにブースに来てくれ、
この笑顔のストーリーをお話すると、ますます関心を持ってくれました。


3  ESDステージ/MERRY UMBRELLA
MERRY PROJECTに共感し、共に活動しているアースディwithマイケルとのライブ!
今回はMERRY ESDについて語られているメッセージブック
「地球はメリーゴーラウンド」ともコラボ。
本のトレードマークである地球くんがプリントされた傘、
そして本のスライドショーと一緒にヒールザワールドを歌いました。
会場内の有志の子どもたちを募り、ステージも観客席も一緒になって
「ESDのファーストアクションは笑顔から!子どもたちの笑顔は未来への希望です!」
笑顔の傘を開くと拍手があがりました!

たくさんのボランティアによって
イベント1日目を迎えることができました!
お手伝いをしていただいた皆様、
また会場にお越しいただいた皆様、ありがとうございます。
明日は雨ですが、メリーブース出展しております。
お近くの人は是非、お待ちしています!
→MERRY ESD詳細インフォメーションはこちら

2014.06.10

みんなで成功させよう!ESDユネスコ世界会議

Posted at 21:00 | Reporter: メリープロジェクト




いよいよESDユネスコ世界会議まであと半年。
2014年11月に名古屋で行われる 「ESDユネスコ世界会議」の半年前イベントとして
オアシス21・銀河の広場で「あいち・なごやESDフェスタ」が開催されました。

「ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト」で
福島の子どもたちが作った笑顔の皿の展示やワークショップ、
まちなかクリーンアップ、笑顔の傘のパフォーマンスを通して
持続可能な社会づくりにとって大切な「笑顔」の存在意義を発信しました。



ESDのファーストアクションは笑顔から。
みんなが笑顔になることを想像し、一人一人がアクションすることが大切。
それは笑顔を人に与えるだけでもいいのです。
笑顔のアクションを循環させること、メリーゴーラウンドが大切です。




1)笑顔のアート皿をつくろう!
ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクトのため、
福島県の小学生10万人が作った笑顔の皿の一部をブースいっぱいに展示。
世界中の被災地の子どもたちの笑顔の傘も展示され、笑顔・笑顔・笑顔の空間。
大人も子どももみんな、この笑顔に惹かれるようにブースに来て、笑皿を描いてくれました。
ふくしまっ子の想いが詰まった笑皿一枚一枚に感動していました。





そして名古屋っこの笑顔を広げるアクションとして
みんなで笑皿づくりのワークショップを展開。
ナイジェリアからきた子ども達やおじいちゃんおばあちゃん
お母さん、お父さんもみんな参加して、笑皿をどんどん作ってくれました。


笑皿ワークショップをしながら
「みんな笑顔がすてきね」「色がきれいね」「私も笑顔になって元気になるわ!」
ふくしまっ子たちの笑皿を見て、みんなニコニコしてくれました。




2)お茶でESD
今回このESDイベントでは、東北復興支援「絆プロジェクト」を展開している
伊藤園とメリープロジェクトがコラボレーション!
お茶でESDを伝える妖精「オチャッピーズ」が登場!

今回は「冷たいお茶の入れ方」を実演し、実際にみなさんに飲んでいただきました。
普段、冷たいお茶というと、
すでに冷えているペットボトルのお茶を飲むことの習慣がついてしまっており、
急須から冷たいお茶を飲むのは初めて!という人がとても多くいました。

お茶は日本の心、おもてなしの文化。
文化を継承することもESD。
お茶を飲んで、地球のことを考えてみませんか?



3)MERRY ESD STAGE
「子どもたちの笑顔は未来への希望」というメッセージを世界に発信するため
アースデイwithマイケルによるMERRYなESDライブを開催。

マイケル・ジャクソンは、世界一のエンターテイナーであり、
世界一チャリティを支援したスターでした。
マイケルは、歌とダンスをつうじて環境保全や人権問題、
そしてよりよい地球にするためどうしたらよいか?とまさにESDを考えていました。
そんなマイケルの精神を継いでいるのが、アースデイwithマイケルです。



観客の人々とも一緒に笑顔の傘を開き、
ヒールザワールドを合唱しました。
みんなで地球を守るために、未来の
子どもたちの笑顔のためにアクションしていこう!という
メッセージを世界に発信していくことも大切なESDです。

この子どもたちの笑顔にいろいろなことを気付かされた!という感想もいただきました。
中にはどうしてもこの「笑顔の傘」が欲しい!というおじいちゃんも....




3)MERRY ESD CLEAN UP
そしてESDは、ひとりひとりのアクションが大事!
そのアクションを実践するために、MERRYなクリーンアップを実施。

今回は、アースデイwithマイケルチームの皆さんと、中部美容専門学校の学生さん、
そしてESDステージを見て
参加したい!と言ってくれた一般参加のみなさん、
総勢50名のクリーンアップ隊が、
お揃いのビブスを着て、
メリーなクリーンアップ隊が、
名古屋の街へ出発!




ただゴミを拾うことが目的でなく、捨てさせない空気を作ることが大事。
だからメリークリーンアップは笑顔が溢れています。
みんな楽しみながら街をきれいにしました。




中部美容専門学校の学生さんたちにとっても、
街をきれいにすることは、人を笑顔にすること。
美容も人を笑顔にすることだから、とても気持ちが良いです!
名古屋の街が本来持つ「すっぴん」の美しさを取り戻しました。





オアシス21から名古屋の街、そしてセントラルパークを通り、テレビ塔へ。
空き缶や瓶、空きペットボトル、壊れたビニール傘、タバコの吸い殻などが集まりました。
街中にゴミ箱が無いことで、街にゴミがポイ捨てされることもありますが、
逆にゴミ箱が無いことで、家にゴミを持ち帰ろう!という気持ちが促進されることも確かです。
ゴミを捨てない、捨てさせない空気を作ることがとても大切です。
ひとりひとりのアクションで、街はきれいになり、人も笑顔になります。

テレビ塔に到着すると、中区100周年の時に出会ったタカナちゃんと
弟のヨシキくんと久しぶりの再会。
今回、クリーンアップに参加してくれた
ランちゃんも、当時はまだ小学生でした。
すっかり大きくなり、今では
二人とも中学生になりました。
メリープロジェクトの活動を通じて

「みんなを笑顔にする仕事がしたい!」という大人に成長してくれたら嬉しいです。





4)MERRY ESD STAGE PART-2
テレビ塔では、アースデイwithマイケルによる、ESD STAGEがスタート!
子どもたちの笑顔とESDのメッセージを街中の人たちにも、
マイケルの歌とダンスパフォーマンスで伝えることができました!






クリーンアップの間も、オアシス21の会場では名古屋っ子たちが、
笑顔のアート皿ワークショップに参加してくれて、

ブースには、終日子どもたちの笑顔が絶えることはありませんでした。

笑顔は世界共通のコミュニケーション。
笑皿も万国共通のアート!になることを感じる1日でした。




MERRY ESDイベントの様子は、NHKニュースでご紹介いただきました。
(NHKのウェブサイトへ移動します)


今回、ブースにお立ち寄りいただきご参加いただいたみなさん、
ボランティアのみなさん、アースデイwithマイケルのみなさん、中部美容専門学校のみなさん、
そしてイベントに御協力いただいた伊藤園のみなさん、
ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト実行委員会のみなさん、ありがとうございました。
また、イベントにご支援いただいたアズビル株式会社様、美容あいち様、
SMILE EARTH様ありがとうございました!

いよいよESDユネスコ国際会議が11月に開催されます。
11月に開催されるESDの市民イベントにも参加し、

MERRY PROJECTとしても、今回の笑顔を次のイベントにも繋げていきますので、
今後とも皆様のご支援ご協力をよろしくお願い致します!

みんなのチカラで「ESDユネスコ世界会議」を成功させましょう!

2014.05.19

ESDのファーストアクションは笑顔から!

Posted at 00:45 | Reporter: メリープロジェクト




いよいよESDユネスコ世界会議まであと半年。
穂の国とよはし芸術劇場プラットで笑顔のイベントを開催。
「ふくしまっ子10万人の笑顔プロジェクト」で
福島の子どもたちが作った笑顔の皿の展示やワークショップ、
まちなかクリーンアップ、笑顔の傘のパフォーマンスを通して
持続可能な社会づくりにとって「笑顔」が重要であることを伝えることができました。

〈続きを読む〉から記事が続きます

続きを読む

2014.03.18

ESDをリードする中部大学/50周年キャンペーン

Posted at 17:50 | Reporter: メリープロジェクト




今、中部大学ではESDと50周年のキャンペーンが大展開。
40台近いバスの両側にはMerryな笑顔。
バスステーションのビルボードにも。
連日行われるESDイベントにもポスターが掲示され、
昨年のオープンキャンパス以来、
中部大学の50周年キャンペーンとして立派なものとなってきた。

〈続きを読む〉から記事が続きます

続きを読む

2014.01.14

名古屋から世界を変える!MEREY ESD

Posted at 15:25 | Reporter: メリープロジェクト




名古屋市で11月に開催される
「持続可能な開発のための教育(ESD)に関するユネスコ世界会議」
への理解を深めようと「ESD大学生リレーシンポジウム」が
中部大学名古屋キャンパスで開かれました。
今回のシンポジウムにMERRY PROJECTが招待され
大学から街へと飛び出し、クリーンアップを開催。
大人から子どもまで参加し、ESDをPRしました。

MERRYなこの日に参加した街の人々、高校生たちからは
「とても多くの人とつながり、多くのことを知ることができた」
「人とのつながりは言葉だけでなく笑顔や行動で気持ちが伝わるんだと感動した」
「ゴミ拾いを出来る機会がないのでできてよかったです。
 地域のすれ違った人に『頑張ってね』と声をかけられたことが嬉しかった」
「ボランティアをとおして周りの人を笑顔にしたい」
「なかなかこういう機会がないのでボランティアできて嬉しい」
「ゴミを拾うことで良いことをしたと気分よくなった」
「まず、自ら行動し、笑顔を伝えることが大事」
「みんなが集まってコミュニケーションとりながら
 いろいろな良い活動ができるのは楽しい」
「地域の人とのつながりを持てました。
 このような機会があればどんどん参加したい」という声があがりました。

〈続きを読む〉から記事が続きます

続きを読む

2013.09.04

立教 ESD JOURNAL!

Posted at 22:25 | Reporter: メリープロジェクト




2013 No.1
立教 ESD ジャーナル 創刊号

第一号の表紙は子どもたちの笑顔の傘。
日本初のESD研究機関のある立教大学、
5年間のESD活動をまとめた「立教ESDジャーナル」が創刊されました。

2014年に日本で開催される「国連ESDの10年」の最終会合に向け、
地球サミット(RIO+20)や豊島区制施行80周年、
東日本大震災からの復興支援にESDの視点を取り入れて活動している
MERRY PROJECTの笑顔の傘が表紙の写真となりました。

写真は、昨年リオデジャネイロ行なわれた国連環境会議
地球サミット(リオ+20)で立教大学ESD研究所長の阿部治教授によって取材されました。

〈続きを読む〉から記事が続きます。

続きを読む

2013.08.07

ESDで地球をMERRYに!

Posted at 18:15 | Reporter: メリープロジェクト




2014年11月に名古屋市で開催される『ESDヨネスコ世界会議」に先駆け、
2014年に開学50周年を迎える中部大学で
ESD(持続発展教育)への理解を深めるためのMerryなイベントを開催。
多くの方がキャンパスを訪れ、笑顔のコミュニケーションに参加してくれました。

〈続きを読む〉から記事が続きます。

続きを読む

2013.07.08

MERRY ESD 中部大学50周年

Posted at 17:15 | Reporter: メリープロジェクト




中部大学は、現在国連が進めている「持続可能な開発のための教育(ESD)の10 年」(2005-2014)の中部地区の活動拠点となっています。
2014 年に名古屋市で開催される「ESD ユネスコ世界会議」に向けて、
MERRY PROJECTも一緒に取り組んでいます。

世界中の人々が、21 世紀の持続可能な社会づくりの一役を担う人材として
育ってほしいと願っています。

また、中部大学がいよいよ開学50周年を迎えます。
来年2014年に向かって、MERRYなESD活動が展開されます。

〈続きを読む〉から記事が続きます。

続きを読む

2013.07.05

Merry ESD・マイケル ジャクソン

Posted at 11:40 | Reporter: メリープロジェクト




僕は自然の驚異に
敬意を払う

だから地球の現状に
怒りを覚える

毎秒フットボール場の面積の木が
伐採されている

環境破壊が気がかりだ

人々が目覚めて
希望を抱けるように

僕は地球を愛している

木が大好きだし
紅葉する葉も魅力的だ

僕はそういうものに
尊敬の念を抱いている

〈続きを読む〉から記事が続きます

続きを読む

ページのトップへ