• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2008.06.25

【和歌山】なつくカモ。

Posted at 13:20 | Reporter: メリープロジェクト

 カモ、なつく 和歌山県上富田町(和歌山)

上富田町朝来の岡崎光雄さん(72)宅で、飛来したカモが居着いている。
岡崎さんになつき、ついて回る様子が評判になっている。

2年ほど前に岡崎さん宅の庭の池に数羽のカモが飛来。
ほかのカモはすぐにいなくなったが、1羽だけが居着いた。
全長約50センチ、体高は約35センチの雌。体重は約1・6キロ。
種類はマガモとみられる。家族で「カアカアちゃん」と呼んでいる。
岡崎さんが姿を見せると寄り添ってきたり、後をついて回ったりする。

朝になると、寂しいのか、玄関前に岡崎さんを「クウクウ」と呼びに来るという。
土の中の虫に加え、食パン、レタスの端切れも好物。
与えようとすると、首を左右に振って寄ってくる。
体長は以前と変わっていないが
「餌をよく食べるので、少し太ったんじゃないかな」と岡崎さん。
家族や訪れた知人は、思わず顔をほころばせて見守っている。

岡崎さんは「ほかの家族にはここまでなつかない。
孫が抱こうとしても嫌がるが、わたしならおとなしくしている。
声も聞き分けているようで、名前を呼ぶと『クウ』と鳴いて返事する。
親と思っているのかな」と話している。(紀伊民報

2008.06.24

Happy Rice @ MERRYガーデン Vol.01

Posted at 13:20 | Reporter: メリープロジェクト

 

田植えをして約10日。その間雨が降り続き、水谷事務所のメンバーの方は、朝昼晩深夜に及び、水管理活動にいそしんで頂いております。

おかげさまで、写真の様に順調に育っております。本当に感謝です。

さて、今日はHappy Riceを運営しているLWCへの取材を受けました。
Happy Riceを作ったきっかけ、立ち上げまでの苦労、これからどうしていくのか、の質問に対してメンバーが好き勝手なことを言い放ちました。
実際の掲載のときに、どんなまとまり方をしているのかが楽しみです。

今回取材して頂いたWEBサイトはこちら!

誰かのリアルを自分のリアルに 〜Whose real is it?〜
http://tetol.net/mm/

Happy RiceのWEBサイトはこちら!
http://happyrice.jp/

2008.06.23

地球はMERRYなディスコ☆

Posted at 13:15 | Reporter: メリープロジェクト

 みなさん、お元気ですかーー☆

これ、大好きな映像♪ 是非観てくださいな☆

水谷さんのMERRY PROJECTと おんなじですね☆
http://www.wherethehellismatt.com/?fbid=5ZUsj

子供たちが、可愛いんです!

何回見ても笑顔になっちゃいますよー☆

ちなみに、2006年のバージョンは、まだこんな感じでした。
http://www.youtube.com/watch?v=bNF_P281Uu4

インターネットって、こんなことも出来ちゃうんですね♪
こんなふことをして生きたいなぁ なんて思います☆

2008.06.20

ヤムイモ植えました

Posted at 13:15 | Reporter: メリープロジェクト

  

東京農大の入江先生から東南アジアの熱帯原産のヤムイモの苗を頂きました。

これは日本の長イモ、山イモの仲間で、根のもの。

イネとは対極にあるもので、両方育てて自然界の生物のことが、わかるそうです。
つるは、まるで目があるかのように、柱に巻き付いていくそうです。
不思議ですね。

ぐんぐん伸びて巻き付いていく様子が、今からとても楽しみです。

2008.06.20

自分で発電しナイトいけません

Posted at 13:15 | Reporter: メリープロジェクト

 こんなメリーなニュースを見つけました!

道路とかにこういうものがどんどん組み込まれていったらもっともっといいですよね…
ソーラーパネルも良いですが、こういった自分で消費した分は、自分で生み出す、ということに意味があるような気がします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

発電ナイト

「踊るエネルギーを電力に変えてしまおう!」そんな画期的なイベントが今週末(6月21日)に開催される。その名も『発電ナイト』。確かに踊るとエネルギーを発している気がするけど、それを電気に? そんなことできるのだろうか。

こ のイベントが利用している技術は「発電床(TM)」というもの。人が歩行したり車が走行したりする際に発生する振動のエネルギーを電気に変える技術だとい う。床状の発電機の上で振動が発生すると発電するのだ。既に2006年10月には、JR東京駅丸の内北口改札口で発電床設置実験を実施するなど、有効な実 用化に向け着々と準備が進められている。企業向けレンタルをしている製品もあるそうだ。
エネルギーのモトとなるのは人間が発するエネルギーだけだから、発電のために余分なCO2を排出することもない。普段捨てられているエネルギーを拾って使うだけだから誰も困らない。誰かが特に努力する必要もない。まったく新しく画期的なエコ発電といえる。

発 電ナイト実行委員会代表の関根さんは、「普段の生活の中で失われているエネルギーを有効活用できないか。例えばクールな音楽で踊ったエネルギーが電力に変 えられないか。そこで生まれたのが『発電ナイト』です」と語る。発電技術をエンターテインメントに変えてしまったのだ。
今回(6月21日)のイベ ントは「発電ナイト@ポート・タウン・フェスティバル」と称し、横浜赤レンガ倉庫前で行われる。当日は、ベリーダンス、タップダンス、ブレイクダンスなど 様々なダンスが楽しめるようだ。いったいどのダンスが一番多く発電するのだろう、そんな視点でも楽しめそう。

確かに、思ったことがある。 ダイエットに励む人たちはカロリー消費に必死。消費したエネルギーを何かに使えないものだろうか、と。それが電気に変わって有効に使われるとしたら、ダイ エットももっとやる気が出るかも! そうなったら、トレーニングジムなんて、まさにエネルギーの宝庫じゃないか。

ホームページでは、「発電ナイト Vol.1」の様子が動画で楽しめるが、踊るたびにフロアが光る映像は、クールでカッコいい。クールにエコ意識を高める、これからの遊び方を提案してくれる新時代のイベントと言えそうだ。(エキサイトニュースより

発電ナイト公式HP

2008.06.19

エンゼルからの贈り物

Posted at 13:15 | Reporter: メリープロジェクト

 

 これまでいろんなところから引っ越しのお祝いに様々なお花を頂きましたが、

今回はエンゼルマークでおなじみの森永さんからお菓子の百菓撰を頂きました。
ミルクキャラメルからウイダーインゼリーまで、森永のヒットしたお菓子の詰め合わせセットです。

早速スタッフで頂きましたが、どれもとても美味しくて笑顔になりました。
DEARというサブレには笑顔がエンボスになっていて、とてもMERRYです。

これからも美味しいお菓子を作り続けていって欲しいです。
どうもありがとうございました。

2008.06.19

Clean is Beauty 2008 at Shibuya

Posted at 13:15 | Reporter: メリープロジェクト

 

 6月17日(火曜日)、渋谷駅前でゴミ拾い活動を実施いたしました。

この「Clean is Beauty」は、2006年6月にスタートした美容師による地域貢献活動です。

きっかけは「美容室以外の場所で、地域の人々に日頃の感謝の気持ちを伝えたい」という美容師の声。去年までの2年間、6月から11月までの半年にわたり月に一度、開催地域の美容師、美容専門学校生に呼びかけ、有志を募り活動をしてまいりました。今年も6月から半年に渡り活動してまいります。

詳しくは▽をご覧くださいませ。
http://www.seyfert.co.jp/jp/news/080618news.html

2008.06.11

男女共同参画週間写真展

Posted at 13:10 | Reporter: メリープロジェクト

 6月23日〜29日は「男女共同参画週間」です。男女共同参画センターMIW

(ミュウ)では、メリープロジェクトの協力で世界各国の人々の笑顔の写真展を
開催します。

男女共同参画週間写真展

「数えてみよう。忘れていた自分のMERRY 世界のMERRY」

「あなたにとってMERRY(楽しいこと、幸せなこと、将来の夢)って何です
か」の質問を世界の人々に投げかけ、そのメッセージと笑顔の写真を集めたメ
リープロジェクトの一部を展示します。また、世界の男女共同参画の現状のデー
タを展示し、一人ひとりのMERRYを実現する社会について考えます。

とき
6月23日(月)〜28日(土)9時〜19時(28日は17時まで)

会場
千代田区役所1階・区民ホール
(千代田区九段南1-2-1 千代田区役所1階)

問合せ
MIW 03-5211-8845

詳細PDFはこちらからダウンロード出来ます。
http://www.city.chiyoda.tokyo.jp/service/pdf/d0009903_4.pdf

2008.06.10

カミネッコン

Posted at 13:10 | Reporter: メリープロジェクト

  

 「カミネッコン」という名前の不思議な紙のポットがある。

再生ダンボールを使った組み立て式で、壁部に水でぬらした古新聞をつめて作る。
子どもでも簡単に作ることができる。これに培養土と苗木を入れて少し育て、森をつくりたい場所にポンと置くだけ。
地面を掘ったり、面倒な世話などはしなくてよい。
ポットはやがて風化してなくなり、数年後には小さな森ができる。
まるで倒木更新の古い大木のように、カミネッコンは小さな苗木を守ってくれるのだ。
ただし大事なことが一つある。それは『愛情』を持つこと。わたしたちが20世紀の間中ダメージを与え続けてきた森に、愛情をもって恩返しする気持ちがなければ木は育たない。(北海道人より引用)

カミネッコンは、北海道大学名誉教授でもあり、森林空間研究所を主催する東三郎が考案した画期的なポットです。
ここ、Merry Projectでも、カミネッコンを導入!
併せて、カミネッコンを使った面白い企画を進行中です。(上記の写真)
詳細は続報をお楽しみに。

場所を選ばずどこでも育てられるそうなので、皆さんも是非使ってみては?

カミネッコン紹介サイト

2008.06.09

アズトマト収穫しました

Posted at 13:10 | Reporter: メリープロジェクト

  

 もらったときは緑色だったプチトマトが日に日に赤く色づいてきました。

さっそく今日は真っ赤なプチトマトを4つ収穫し、みんなで1粒ずつ食べてみました。

収穫したてのプチトマトはとても美味しかったです。
みなさんも手軽に育てられるプチトマトを誰かに贈ってみては?

もっともっと美味しい赤になあれ!

2008.06.09

キュウリジャム もったいない から新商品

Posted at 13:10 | Reporter: メリープロジェクト

 「もったいない」の一言からヒット商品が誕生。

多可町八千代区中村のマイスター工房八千代が、余ったキュウリを活用したジャムを開発した。独特の青臭さは全くないフルーティな味。意外な驚きのあるうまさを表現して「びっきゅうりジャム」と命名したところ、連日売り切れの人気だ。(篠原佳也)

看板商品の巻きずしづくりで残るキュウリの端が材料。
普段はピクルスや漬物に加工しているが、七千本を巻く二月の節分の日は活用しきれない端が大量に残ってしまった。
「キュウリが泣いとるで」とメンバーで対策に悩む中、喫茶部門の長谷川はつみさん(61)がジャムづくりを思い立ち、開発に乗り出した。

ジャムの中でもキュウリは珍しく、レシピもない。
とろみと酸味、甘みを付けるリンゴやレモン、ハチミツの微妙な量調整は試行錯誤の連続だったが、三カ月後の五月、ようやく納得いく味に仕上がった。

トーストに塗って客に出すと「売ってほしい」という声も多く、百三十グラム三百円で売り始めた。

「栄養も高く、ヨーグルトやカレーにいれてもおいしい」という。

思わぬ人気ぶりに長谷川さんも大忙し。「キュウリも喜んでくれてます。
これからも食材を見捨てず大事にしていきたい」

2008.06.02

屋上農園に酒樽が到着!

Posted at 13:05 | Reporter: メリープロジェクト

   

 いよいよ「六本木屋上稲作プロジェクト」の第一歩がスタート!

稲や野菜を植える酒樽が本日、屋上に到着しました。

東銀座の白鶴から樽を23個いただき、屋上にきれいに配置。
Happy Riceチームもとっても笑顔です!
次はいよいよ田植えです!
田植えの予定は6月15日。皆さん続報をお楽しみに!

*このプロジェクトは、HAPPY RICEで募った寄付用のお米を作るために、
MERRYの新事務所の屋上に酒樽のプランターを設置し、都会の真ん中を農園にしようという計画です。

  • PREV
  • NEXT
ページのトップへ