• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2008.10.31

MERRY訓練

Posted at 16:35 | Reporter: メリープロジェクト

 

今日は、森ビルエステートさんご指導の下

MERRYスタッフ一同、『MERRY』制作は
ちょっと休憩して、避難訓練が行われました。
これも大事なことです。

今日の火元はなんと、MERRY事務所の本から火事に、、、
ちょっとありえそうな設定にみんな苦笑い。。

それぞれ隊長、消化班、通報班、記録班と役割を決めて、
意気揚々とのぞみ、消火器を取るが、、、初期消火失敗。
エレベーターは火事なので使えないので、
7階にあるMERRY事務所から階段で外へ。

全プログラム合わせて30分くらいで終りましたが、ひんやりと心地よい秋の空気を吸って
ちょっとした息抜きにもなり、久しぶりの消防訓練も実はなかなかMERRYなものでした。

みなさんも読書の秋、くれぐれも火の元には気をつけましょう。

 

 

ついに明日。

11月1日、朝日新聞beのフロントランナーにMERRY PROJECTが登場します。

みなさまお楽しみに。。。

2008.10.31

母なるはっ土 大地☆っ

Posted at 16:30 | Reporter: メリープロジェクト

 

みなさま~っ☆

今日も お邪魔して参りましたぁ メリーガーデン@天空階☆

今日は ハッピーライスが稔っていました

樽田んぼの土を再利用するための作業です!!!

土の中に しっかりはやした根を取り除く作業ですっ

根をそのままに 土を再利用しますと 

土が腐る原因になることがあるそうです

一度 根ざしたものを 取り除くと言う作業はっなかなかのものです

きっと こころに根ざしたものもそうなのだろうと思います

なので 

どんなものを こころに植えるかが 

とても大切なのだと思うのでした

再利用される土からは 

また新しい自然の恵み☆っが生まれます

私たちの命を支えてくれるのです

土は 命を生み育む 母なのだなぁ

大地は 母なり☆っ

2008.10.30

『MERRY』今日も着々と進行中。

Posted at 16:30 | Reporter: メリープロジェクト

今日も相変わらず、スタッフ総動員で
新しいMERRYの本『MERRY』の制作で事務所はてんやわんや。
作っては壊し、壊しては作りを繰り返し、

 

 

本日のミーティングテーマは表紙をどうするか?

皆それぞれのこだわりがぶつかり合い、
意見をかわすなかでどんどんいいものが見えてきた。

こうして、朝から始まった本作りは夜を越えてまた新しい朝へ。
いいものを作るには一日にして成らず。
本日のお客様は印刷のプロフェッショナル大津さん

いつも、どうもありがとうございます。

 

2008.10.29

あちとMERRYな農業

Posted at 16:30 | Reporter: メリープロジェクト

今日は、MERRY AT LAFORET の時に原宿で出会って以来
9年来のMERRYな友人のあちが事務所へ来てくれました。
天気も良く、絶好の農業日和だったので
一緒に力を合わせて、夏の間たくさんの稲を育てた樽の土を一緒にほぐしました。

 

 

正午過ぎから始め夕方まで、土と格闘すること数時間。
今日は全ての樽から土を取り外し、
すべて耕すところまでできました。
土を実際に触ると、たくさんのことを学べます。
根っこがたくさん張っていてすぐ簡単にというわけにはいかず
ほぐれずなかなか大変な作業ですが
便利や速いが良しとされる中、
すぐにはできないものを、地道にこつこつやっていくことも
とても大切なことだという原点に返らせてくれる。
屋上で土いじりをするのもなかなかいいものです。
いつもおいしい野菜を育ててくれる
MERRYな土と豊かな自然の恵みに感謝。

一生懸命頑張って土を耕して、疲れて眠るあち。
今日は一日ありがとう。ごくろうさまでした。

2008.10.28

もうすぐ11月なのに、、、朝顔満開

Posted at 16:30 | Reporter: メリープロジェクト

もうすぐ11月を迎え、六本木ヒルズも冬のイルミネーションをつけて

季節も街もクリスマスへ、冬へと向かっていく今日この頃。

    

    

屋上のMERRY GARDENでは、最近、季節はずれの朝顔が満開。

そこにもここにも満開に咲き誇り、数えてみるとその数なんと52。。。

朝しか見れない満開の朝顔。早起きは3文の得とはよく言ったものです。

こんな時期でも屋上ではぽかぽかと暖かく、今日この時も野菜や花が

いっぱいの太陽を浴びてすくすくと育っています。

まさにMERRYなGARDENです。

2008.10.23

楽しむということ☆っ

Posted at 16:25 | Reporter: メリープロジェクト

 みなさま☆っ

お久しぶりですっ ハッピーライス@けいであります!

 今日はっ

メリーガーデンっ 冬バージョンのお野菜たちの土づくりを体験してまいりましたぁ~

袋に入って運ばれてきた 椰子の繊維をほぐし お水でふやかす作業に笑いがこぼれますぅ

ゴム手袋を用意していたのですが まっいっかと! 素手で作業開始っ

 

手に椰子の繊維の感触が伝わるとともに・ ・ ・ 

この椰子は どこの国から来たのかなぁ~ 

どんな人たちが椰子から作ってくれたのかしらっ 

想いを馳せます

雨がちらつく中っ 楽しい語らいに笑顔な作業は続きます

楽しむと言うことは 常に自分の中に鍵があります

雨でも どんな作業でも 

心は楽しむ力を持っています  想いは馳せることが出来ます

素手で行った椰子の繊維での土作りっ

元気いっぱいの野菜たちが育ちますようにと思い込め

気が付けば すっかり手がつやつやに☆っ

いつも 心がほっこり うれしい毎日に ありがとうっ

 

2008.10.21

農から書まで

Posted at 16:25 | Reporter: メリープロジェクト

 本日,MERRY PROJECTでもいつもお世話になっている

HAPPY RICE所属で書家の中村慶さんの書のワークショップへ行ってきました。

池袋の明日館にて行われたワークショップでは参加者全員で一枚の巨大な半紙に描く

「あなたの好きなように一筆で描く絵」や

「あなたが今まで言って、もしくは言われて人生で一番嬉しかった言葉」などや、

自分で、一枚の紙の為に心を込めてすった赤と黒の墨で

「ありがとう」の言葉を自分なりの表現で書いてみたりなど
静かに自分自身と向き合い、動で自分自身で出した答えを書いていく
やりなおしのきかないものだから一発勝負。迷う事はできない。
だからこそ、集中力を研ぎ澄ますという感覚は
今やってみると、すごく新鮮で、
学生時代の意味も解らずにやっていた、子供の自分では決してわからなかった
自分と静かに向き合って決断して動くという
静と動、日本の伝統や文化の奥深さを、歳を重ねた今ならば前より少しだけ分かる気がしました。

慶さんありがとうございました。

そしてその前に、今日の朝から夕方までは

屋上農園の稲の土の入れ替えをしました。

ただひたすら無心に。土と触れ合う。

約5ヶ月間、一生懸命すくすくと成長してくれた稲は

びっしりと力強い根をはっていて、なかなかうまくいかない。

土と根をばらして、ふるいにかけて根を取る。という単純作業の繰り返しだが

一筋縄ではいかず強い生命力を実感しました。

その間も、キレイな蝶や鳥たちが憩いに来ていて、

太陽きらめく六本木の秋空の下、屋上農園で自然を満喫しました。

この作業を通じて知ったことは、土を作るのも一苦労だし、育てるのも大変だ。

とてもじゃないが簡単じゃない。それをあまり意識せず

時々感謝を忘れてしまいながら食べていた自分。

自然ってすごい。優しいけど甘くないなと思う。

久しぶりの運動は疲れたけど、
感謝の気持ちを忘れちゃいけないなと感じさせてくれたMERRYな一日となった

今回作った土は、リサイクルをして、今度は冬野菜の土として生まれ変わります。
これから、麦や冬野菜を育てて行きます。
成長の様子は、観察日記やニュースにて随時お伝えしていきますので
お楽しみに。

2008.10.20

「土と平和の祭典と、MERRY」

Posted at 16:25 | Reporter: メリープロジェクト

 19日日比谷公園へ、平和の祭典へ行って来ました。

「土の上に生きるMERRY、農業におけるMERRY。」

土と水と太陽と風と空。そこにMERRYな力がいっぱい。

都市と農村、老人と若者、作物を作る人と、食べる人がコミュニケーションをする。

これこそMERRYな「土と平和の祭典」でした。

3万人のMERRYな人々が参加、加藤登紀子さんのライブ、土と平和のトークステージ、

農家市場(フリーマーケット)では新鮮な採れたて野菜のバーベキュー等など、すべてに感謝!自然どうもありがとう。

ごちそうさまでした。

              

2008.10.16

MERRY GARDEN秋の夜空と収穫祭

Posted at 16:20 | Reporter: メリープロジェクト

 10月15日 MERRY GARDEN収穫祭を行いました。

10月15日の夜、MERRY GARDEN収穫祭
東京農大の入江先生や、いつも野菜を見てくれる西城さんに
お越しいただき、その様子をエコプラザの方々が取材してくれました。

天気も良く秋晴れの澄んだ夜空で行なう
収穫祭になり、昼とはまた違った面白さがありました。
夏の時期はあんなに青々と茂っていた、稲や野菜も
ついにすべて収穫を終わりました。

これからは、入江先生監修のもと、麦を育てたり、
西城さん監修の冬野菜やハートの花壇を育てていき、
今度は冬バージョンのMERRY GARDENとして
生まれ変わります。

2008.10.13

振り返り

Posted at 16:20 | Reporter: メリープロジェクト

 向日葵の季節はとっくに終わって、もう秋も真っ盛りですね。

今までどの写真をアップしたのかわかんなくなっちゃったので、
比較的きれいに撮れてたのを改めて。
似たようなのばかりだけど、せっかく撮ったので載せます。

  

窓から見える紅葉に励まされつつも、
高校受験以来のお勉強はなかなか進みません。

2008.10.10

Clean is Beauty 2008 at Shinsaibashi

Posted at 16:20 | Reporter: メリープロジェクト

 

 セイファートさんより、今月のクリーンアップレポートをお届けします!

10月6日(月曜日)、大阪心斎橋のアメリカ村周辺でゴミ拾い活動を実施いたしました。
「Clean is Beauty」は、2006年6月にスタートした美容師と美容学校生による地域貢献活動で、今回が通算16回目になります。
今回は大阪初開催!当初予定していた日程が雨のため順延。今回も天候不順で開催が危ぶまれましたが、前夜まで本降りだった雨も朝までにあがって、実施する事ができました。早朝からの集合でしたが、地域の美容師さんが積極的に参加してくださいました。地域の方も積極的に清掃活動に取り組まれており、一見とてもキレイな町並みですが、隠れたところにゴミが放置されていました。
アメリカ村周辺の地域のみなさんから「ご苦労様」と暖かい声をかけていただき、気持ちも街もきれいに。
11月は名古屋、12月は横浜での実施を予定しています。勤務先や学校の最寄り駅で実施する際には、ぜひみなさまもご参加ください!

▽当日の模様はこちらをご覧ください▽
http://www.seyfert.co.jp/jp/news/081008news.html

次回は、11月10日(月)名古屋市栄地区で実施予定!

―【今年の活動予定】―
11月10日名古屋、12月横浜に開催される様ですので
是非、あなたも参加してみては?

2008.10.06

10月5日はMerry Tree デー

Posted at 16:15 | Reporter: メリープロジェクト

 昨日、10月5日(日)に「10月5日はMerry Tree デー」と題した、トークイベントを行いました。

MERRY@ecoplazaとして行われたこのイベントは、MERRYの森がある郡上から来て頂いた木のエキスパートの方々による、プロジェクターを使用した郡上の自然の紹介や、将来MERRYの森に出来る「Merry Tree House」についてのパネルディスカッションが行われました。
郡上の自然や、ツリーハウスの素晴らしいアイデア、そして郡上の方の熱い想いを感じる、とてもMERRYでエコなイベントだったと思います。
今後もエコプラザでは「MERRY@ecoplaza」として様々なイベントを行っていきます!

関連リンク
港区立エコプラザ

2008.10.03

子供の頃、読んだ絵本のスイミーのように

Posted at 16:15 | Reporter: メリープロジェクト

10月3日 MERRY@JICA  広尾JICA地球ひろば 四日目
今日は、静かな立ち上がりから、
あっという間に気付けば昼間を迎える。
お昼過ぎ、UNICEFの説明会と重なったこともあり、
ここMERRY@JICAの会場もたくさんの方々が見てくれました

そしてまた、時は過ぎ、少し落ち着いて来た頃、
キモチ良さそうな雰囲気で展示を眺めている男性がひとり。
話してみると、またステキな柔らかい雰囲気を持った方で、
すごくMERRYの活動を絶賛してくれました。
『この笑顔にはエネルギーがある。力がある。情熱がある。
自然の心からの笑顔が内面から溢れている
どこからこんな笑顔が来るのか、自然。こんな笑顔はとても素晴らし
い。
やっぱり今の時代に大切なのは、モノじゃない、人と人とのコミュニ
ケーションだ。
これからもどんどん活動してご活躍して頑張ってください。』
というような嬉しいお言葉をいただき、
話していて嬉しくなるような優しい笑顔で笑う男性でした。

やっぱり内面から滲み出てる笑顔は素晴らしい。
自分も年を重ねて行った時、内面から笑顔が滲み出せるような
いい笑顔で笑えるような大人でありたいと思う。

それから、数分後フィリピン人の方々が来て、そそくさと会場を後にし
たが、
二人の男性が戻って来て、『写真O,K?』と聞いてきて、
MERRYの写真達の前で記念写真を撮っていきました。
周りの他の友人の方々が、にこやかに見守っていた笑顔がまた微笑まし
かった。

昔、流行ったドラマであったベタな台詞だが
『事件は現場で起きている』なのだ。
来てみないと話してみないとわからない事は沢山ある。

逆に言えば、話せばわかることも沢山あるということだ。
今でも、昔からでも、お互いを知らないことで、恐れ、憎しみあい、
戦争が起きてしまうならば、
環境が壊れていくのを止められないのならば、
みんなで知り合えるような場所づくり、
国レベルではなく、大きいものじゃ変わらない。
個人レベルで、大きなひとつではなく、小さなひとつひとつを
集めることで、1人1人が集まる事で、大きなものにも負けない強さに
なるのかも知れない。
そう。まるで子供の頃読んだ絵本のスイミーのように。
ハチドリのひとしずくのように。

*今日届いた地球ひろばからの声*

NO.32
日本ではすぐ手に入るものがなかなか準備できず、強く求められている
ことがわかりました。

日々の生活の幸せを再確認しながら、今できることを大切にしていきた
いです。

こすも

NO.33

「教育」内戦がつづく国や、災害に見舞われた国、
どの国の子供も、きちんと教育を受けられますように

Yumi

NO.34

もっと世界で起きていることに、目を向けて、

世界にいる一人でも多くの人と話がしたい。

かずえ

NO.35

先進国”日本”に生まれたからには、もっと学んで、もっともっと努力
して、
アフリカなど人々が苦しんでいる地域の人々の笑顔を少しでも
増やせるような、そんな手助けができる人になりたい。

miu

NO.36

第一歩として、日本から近いアジアの人達全員が
笑顔で暮らせるように、、、。
そして全世界がいつか平和になりますように!!

りえ

NO.37

子どもたちと思いっきり
体を動かしたい!!

byぶんぶん

2008.10.02

JICA地球ひろばで感じる地球

Posted at 16:15 | Reporter: メリープロジェクト

 10月1日 JICA地球ひろば MERRY@JICA二日目

今日はゆっくりした朝から始まった。

しかし,午後一番に社会福祉関係の勉強をしている
中学生の団体さんに
10分少々MERRY PROJECTの事、MERRY@JICAの事、『世界の
笑顔のためにプログラムの説明』、
MERRY U,北京五輪のエピソードなどなど
説明させていただきました。

みなさん真剣にキラキラと輝く瞳で耳を傾け聞いてくれて、沢山のメッ
セージをカードに書いてくれました。メッセージ渋滞が起こるほどの

大混雑を見たときは嬉しかったな。

NO12
世界のことをもっと良く知って、自分にできること
からやっていきたい。
みんなが家族になれますように
しおり

NO 13
世界の笑顔のために
私たちができることは
意外とたくさんあるかも知れない。
ゆきの

NO14
戦争をしなくても言葉ですべて解決できる世界にしたい

なな
NO16

どんなに小さな夢でもどんなに大きな夢でも
大きな夢でもなんでもいから
自分にできること1つ1つを大切にしていきたい

Rikako
NO15
家族の大切さ知ってほしい。

NO18

日本そして世界を
☆緑☆ でいっぱいにしたい!!
そしてもっともっと
『自然』と仲良くなりたい!
AYA

NO22

みんなみんな
しあわせになれるように
優しく生きていきたい
言葉だけじゃなく触れることも大事♥
触れ合って笑顔で行こう            YUKA♥

NO23

広ーい世界にたくさんいる人々
つらいことをしている子どもたち、、、、
色んな人の想いをせおって
胸をはって生きてきます
♡                                                     byゆかりん

みんながJICA研修ツアーに出かけた後
見せてもらったんですが、
みんなそれぞれとても素晴らしいメッセージを書い
てくれていて
感動、ジーンとしました。

その後、高校生で16歳の女の子がひとりで展示を
見てくれていて
話してみると、社会貢献に大変興味があり、
自分でいろいろな本を読んで調べたり、団体さんの
資料を集めて
ファイリングして学校にも置いてるらしい。
大学生になったら、海外で社会貢献活動をJICA隊員
等で実際にしに行きたいという
アクションをおこしたいという熱い想いを持ったス
テキな女の子でした。

NO20
教師になって子供たちと一緒に平和について考える
こと。

今日は、もう一組小学校6年生の団体や、
車いすを押されて来て興味深そうにじーっと見てい
たおじいちゃん、おばあちゃん
当時、愛•地球博の時にスタッフとしてお手伝いし
てくれた方や沢山の方々に
きていただき大変盛り上がった一日でした。
楽しい時間は早く過ぎてゆき、あっという間に夕方
になりました。

今日は6時半からCHILD AFRICAが主催する
シンガーのMISIAさんのトークイベントがJICA地球ひろ
ばで開催されることもあり
会場はすごい人が訪れてたくさんの方にMERRYの展示
も見て頂けたとおもいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月2日 MERRY@JICA会場より3日目

来てくれた方と話し、いろいろなことを教えてもらうことが多い。
それがここにいる楽しみでもある。
今日は特に色んな学びを得た。
本やテレビより、生の声、経験者からの言葉は奥まで届き響く。

今日は協力隊のOBで去年まで2年間
中東シリアで活動して来た方の生の言葉を聞けた。

シリアのその街では、宗教や文化の理由から、
現在でも、親が決めた人としか結婚できない。
そして、本人同士は相手を選べない為、
親戚や親しい近い人と結婚させることも多い。
そうして、生まれてくる子供は、親族の血が濃いため
先天的に障害を持って生まれてくる事が多いとの事。

シリアでは松葉杖を必要としているという声を聞いていたが
ここで、実際に行っていた人から生の声を聞ける事は貴重な体験だ。
知らない事が多すぎる。

その後、ふらっときてくれたダンディーな男性から
意外な質問

『あなたにとって日本人としての定義とはなにか』

う~ん恥ずかしながら急な質問に、すぐに答えられずにいると
おもしろい話を聞かせてくれた。

その男性の親戚にカナダで暮らすカナダ人がいます。
でもその方達は、実際は日本人で三世までいます。
見た目が日本人だから日本人なのか?
それは違うとその方は言う。

その男性が、親戚をたずねてカナダへ行った
ちょうど、その頃カナダでオリンピックがあり、
そこでカナダ対日本の戦いがあり、どちらを応援するか見れる時があっ
た。
興味深い瞬間だ。
みんな見た目は日本人だから日本を応援するか
それは違かった。

1世は、もう40年以上カナダに暮らしているが、日本を応援している。
2世は、大体半分半分。日本もカナダも応援する。
3世は、完全にカナダを応援する。

この話から、この方の得た日本人としての定義の答えは

1、日本語を話せる。
2、日本食を食べる。
3、日本が好きである。

この3点だった。

3世の、人達は顔は完全に日本人だけど、
日常的に日本食は食べていないし、日本語も話せない。
肌の色や顔は日本人だけど完全なるカナダ人である。
その人が何人であるか、何者であるかは
国や肌の色ではない。
そこで生きる習慣や、文化によって変わるんだなあと
おもしろい話を聞けた。

そうならば、肌の色や国など関係なく
みんな、家族であるのかもしれない。
地球の上で暮らすものとしたら皆一緒だ。

なんだか、うまく言えないけど、面白いいろいろな話が聞けた
一日となった。
人から人へ、つながり伝わり、
コミュニケーションというものは
新しい世界への可能性を見せてくれる。

MERRY@JICA
広尾JICA地球ひろばにて
9月30日〜10月12日(日)

  • PREV
  • NEXT
ページのトップへ