• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2011.02.10

最終日 MERRY IN 豊島・男木島・女木島

Posted at 18:20 | Reporter: メリープロジェクト

MERRY ISLAND PROJECTオープニングもいよいよ最終日!
今日は豊島、女木島、男木島へ。

昨夜の雨が嘘のように晴れ上がり、爽快な気分で豊島に着く。
豊島は産廃問題、壮大な自然景観で話題にあがることが多い島。
豊島再生のシンボルとして昨年秋に豊島美術館(内藤氏・西沢氏)が開館した。
周囲の自然環境と融合した不思議な美術館。
広い空間の中、昨夜の雨の水滴が太陽に反射し、きらめいている。
向かい側には棚田の風景が広がり、
作る棚田から見る・楽しむ棚田になっていることに感動した。
その棚田、そして瀬戸内海をバックに笑顔の傘を開く。
豊島の新しい未来がぱっと開いたような、晴れ晴れした感覚だった。

午後、男木島へ。
港にはジャウメ・プレンサ氏・齋藤氏による港「男木島の魂」が現れる。
ここで男木島、女木島の方々と今後の企画について打合せをさせて頂いた。
男木島の方々の企画として、凧作りという伝統芸能への取り組みがある。
そこに笑顔のデザインによるメリーな凧を企画しようという話で大いに盛り上がった。

その後、海上タクシーにて女木島へ渡る。
そこはカモメ、モアイ、鬼たちがお出迎えしてくれた。
ここはたくさんのものが出迎えてくれる、人口200人ほどの鬼ヶ島。
色々と愉快で面白く、ロマンティックで、そして何だかおちゃめな島である。
島の方々に、鬼の洞窟をご案内頂く。
洞窟の中に居る鬼たちと笑顔の傘を開いて撮影。
そこはまるでおとぎ話のような楽しい世界だった。
伝説の鬼ヶ島をメリーにする企画がどんどん浮かび上がり、
観光協会会長と共にアイデアについて話し合った。

帰りのフェリー、夕日を見ながら高松港へ。
撮影二日目、高松港で撮影した時に地元の方々と訪れた赤灯台が視界に入る。
私たちに「撮影お疲れ様」と語りかけてくるような、港のやさしさを感じた。

本当に今回のこのプロジェクトは、地元出身の丸尾さん
(株式会社wawawa!! JAPAN)など、
若い人たちによる手作りの新しいプロジェクトではあるが、
島と島を新しい笑顔で結ぶ、新しいメリーとしてのプロジェクトになる、
と期待が高まった旅だった。
次はいよいよ県庁を訪問し、このプロジェクトを香川県知事に説明させてもらう。

これからが本当のプロジェクトの船出となる。
詳細は後日コラムでご報告します!

2011.02.09

4日目 MERRY IN 小豆島

Posted at 18:15 | Reporter: メリープロジェクト

MERRY ISLAND PROJECTの4日目は香川県の小豆島。
小豆島は冬なのにぽかぽか陽気で、前日に続き棚田へ行き撮影。
小豆島の美しい中山千枚田に「小豆島の家」が
マッチして不思議な空間が広がっていた。
そこで笑顔の傘を開くと、冬の日の光と共に美しい光景が広がった。

次に向かったのは目の前にある農村歌舞伎場。
江戸から続く歌舞伎の藁葺き屋根の歌舞伎場の前で撮影を行った。

そして今回のクライマックスは小豆島のそそり立つような険しい山に広がる棚田!
ここで産経新聞の取材を受けた。
この空間は小豆島の家が宇宙基地のようでファンタジーだった。

最後に小豆島名物のヤマロク醤油さんへ行き、
五代目社長の山本さんにご協力頂いて撮影を行った。
ひしおの香ばしい香りがして、ここもとても素敵な空間だった。

明日は豊島、男木島、女木島。
MERRY ISLAND PROJECT序盤はいよいよ終盤へ!
詳細はコチラ

msn産經の記事はコチラ

2011.02.08

3日目 MERRY at 上山棚田

Posted at 18:15 | Reporter: メリープロジェクト



MERRY ISLAND PROJECTの3日目は岡山県美作市の上山棚田。
この一帯の棚田は、上山の千枚田と呼ばれ、
弥生時代からこの土地で棚田農業をしていたところであり、
空間の美しさは日本でも有数、文化庁の重要文化財に選ばれている。

しかし現在は荒廃が目立ち、棚田の形も消えてきている。
MERRY at 上山棚田の主催の一人である上山棚田団のかっちさん
(西口さん)は棚田再生の中心として再生に取り組んでいる。
ちょうど2年前から稲や蕎麦の栽培、収穫が始まったところだ。

かっちさんをはじめ協力者の方々は本当に昔の美しい棚田の風景を
取り戻したいと思いを込めて、棚田のこれからの希望を、
子供たちの笑顔の傘に託して60本の傘を開いた。

岡山地域に関わるほぼすべてのテレビ、新聞が取材にかけつけてきてくれたこともあり、
棚田が舞台となったメリーな空間ができ、本当に棚田に華やかな花が咲いたようだった。
楽しくて華やかな空間が広がって、活気あるメリーな空間になった。

棚田の近くにはツリーイングを体験できる場所もある。
撮影後に体験することもでき、とにかく楽しい時間を過ごすことができた。
棚田のそばには古民家があり、現在改修中。
カフェバーが開かれる予定だそうだ。
こんな素敵な空間ならば何度でも足を運んでいってみたいものだと思う。
この空間が新しい棚田のコミュニケーションスペースになることを願っている。

棚田から元気になる、棚田から発信する元気というものを
彼らに期待し、楽しみにしたい。

夜はかっちさんのうちで皆と囲炉裏で鍋を囲み、
棚田の未来、農業の未来を語り合った。

次は小豆島、中山千枚田へ!
詳細はコチラ

掲載関係はコチラ
・毎日新聞/棚田に広がる笑顔の傘-美作・岡山上山地区
・YOMIURI ONLINE/棚田に開く笑顔の傘 美作:岡山 
・MSN産経ニュース/棚田に開く傘のアート 岡山・美作
・山陽新聞/傘60本に世界の子どもプリント
・47NEWS/棚田に広がる笑顔の傘:岡山のニュース

2011.02.05

MERRY IN 直島終了!明日は高松!

Posted at 18:15 | Reporter: メリープロジェクト

世界の宝石と言われる多島美の瀬戸内海で今日から笑顔になれる瀬戸内づくり
「MERRY ISLAND PROJECT」がスタート!

まずは、草間弥生の赤かぼちゃの前で朝9時から撮影。
高松から来てくれた人、大阪から来てくれた人、東京から来てくれた人、
地元の子供たち、赤かぼちゃの前で一斉に笑顔の傘を開きました。

そしてその後、ギャラリー「嶋屋」で傘を設置し、子供たちと一緒に撮影。
北京からのアートジャーナリスト記者から取材も受けました。
嶋屋では一ヶ月間展示を行っています!

その後、町会議員さん、観光協会さん、企業等の要職の方々と
今後の直島について地元の方々からのご意見を伺う対話、MERRY Dialogを行いました。

そして最後にもう一度、
夕日に輝く赤かぼちゃの前で笑顔の傘を開き子供たちと撮影。

「Cool Local」に向けた笑顔と環境のまちづくり、
島づくりを地元の人たちと共に、おじいちゃんからこどもまで手を取り合って
作り上げるためのスタートの日としては希望の持てる、夢の膨らむ一日でした。

明日、二日目は高松へ渡り笑顔の傘を開きます!
さあみんな、明日は高松へ集まれ!

2011.02.04

明日から!MERRY ISLAND PROJECT

Posted at 18:10 | Reporter: メリープロジェクト

 いよいよ明日からMERRY ISLAND PROJECT スタート!
1日目の明日は直島で「MERRY IN 直島」を開催。2日目の2/6は高松、その後小豆島や豊島、男木島等、瀬戸内の各所で笑顔の傘を一斉に広げ、Merryを発信します!

「世界の宝石」瀬戸内海。島という自然豊かな「まち」の暮らしの中で四季の彩りを通じ、笑顔をつなぐ。多島美を眺め、里山や森を訪れ、環境の恵みや生物多様性との「共生」の大切さを明日の子どもたちに伝えます。日本誕生神話の淡路島、現代アートの直島、オリーブの小豆島、 鬼が島伝説の女木島など、魅力溢れる島は瀬戸内の誇り。島と島・人と人・文化と文化が笑顔でつながり、世界とつながる持続可能な笑顔の瀬戸内づくりを提案します。この素晴らしい瀬戸内を住民の方々の「地域愛」 に支えられながら、「笑顔」と「環境」の二つのテーマで、笑顔になれる瀬戸内づくりを目指します。


この素晴らしい瀬戸内を、「地域愛」に支えられながら「笑顔」と「環境」でつなぐMERRY ISLAND PROJECT。そのプレオープンイベントとして、直島でたくさんの笑顔の傘を開き、世界へ瀬戸内の笑顔を発信します。赤かぼちゃから黄かぼちゃまで笑顔でいっぱいにして、これからの「瀬戸内の100年」を笑顔であふれたものにできるようメッセージを発信すること、瀬戸内を笑顔になれる元気な「まち」にすることを目的としています。

続きを読む

2011.01.27

MERRY ISLAND PROJECT スタート!

Posted at 23:50 | Reporter: メリープロジェクト

「世界の宝石」瀬戸内海。島という自然豊かな「まち」の暮らしの中で
四季の彩りを通じ、笑顔をつなぐ。多島美を眺め、里山や森を訪れ、
環境の恵みや生物多様性との「共生」の大切さを明日の子どもたちに伝えます。
日本誕生神話の淡路島、現代アートの直島、オリーブの小豆島、
鬼が島伝説の女木島など、魅力溢れる島は瀬戸内の誇り。
島と島・人と人・文化と文化が笑顔でつながり、
世界とつながる持続可能な笑顔の瀬戸内づくりを提案します。
この素晴らしい瀬戸内を住民の方々の「地域愛」に支えられながら、
「笑顔」と「環境」の二つのテーマで、笑顔になれる瀬戸内づくりを目指します。

このMERRY ISLANDのスタートイベントとして

2月5日(土) MERRY IN 直島
2月6日(日) MERRY IN 高松
2月7日(月) MERRY at 上山棚田

を行ないますので、是非皆さん参加してください!

ページのトップへ