• MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース
  • EVENT NEWS イベント情報
  • PUBLICITY NEWS 最新の掲載記事
  • MERRY MAGAZINE メールマガジン

MERRY NEWS 世界中からのメリーなニュース

2016.01.23

神戸の希望を未来へ「はーい にっこり!」

Posted at 13:40 | Reporter: メリープロジェクト







神戸・新長田を「笑顔のまち」にしよう!
そんな想いで開催した、阪神淡路大震災21年目の
チャリティイベント「MERRY IN KOBE 2016」。

地元の皆様を始め、多くの方々のご協力のおかげで、
笑顔と希望あふれる1日となりました。

新長田のみなさまのMERRYが詰まった、
イベントの様子をご紹介します!

〈続きを読む〉から記事が続きます





2016年1月17日(日)。
朝から着々とMERRY IN KOBEの準備を開始。
朝9時。今回の準備に協力いただいたボランティアスタッフの皆さんと一緒に
六間道4丁目商店街、鉄人広場に、笑顔の傘を並べ、
のぼりを立てて、いざイベントの準備が完了!
今日はどんな笑顔に出会えるでしょうか?

1)笑顔の同窓会

はじまりは、2001に神戸で撮影した、
笑顔の写真集「Merry in KOBE」。

震災からまだ間も無い神戸の街で
笑顔の写真と、MERRYメッセージを取材し
写真集に掲載させていただいたメンバーと、
約15年ぶり 「笑顔の同窓会」。

再会の場所は、昨年末から
「はーい にっこり!」の絵本とCDを
チャリティ販売していただいている、
新長田・1番外商店街の「神戸桜珈琲」です。

当時のことや、震災からの20年のこと、
未来のことなどを語り合いながら、みんなでランチ!
店長の鈴江さんのMERRYな計らいで、
とっても可愛い、笑顔のパンケーキもいただきました。





ランチの後は、鉄人広場へ移動し、
15年ぶりの「笑顔の撮影会」を実施。
そこには、あの日と変わらない笑顔がありました!

それぞれの笑顔にストーリーがある中で、
未来をMERRYにしたいという想いと、笑顔は共通。

同窓会メンバーと共に、
神戸の未来への希望と、心の復興を願って
鉄人広場で「笑顔の傘」を開き、
いよいよ、イベントスタートです!!!





2)MERRY IN KOBE オープニング

まずは、地元を代表して、
新長田1番街商店街・振興組合の木村繁一理事長から
みなさまへのごあいさつ。
鉄人28号と同じ、力強いポーズで右手を空に掲げ、
「笑顔の復興」を呼びかけました。

この鉄人を始め、神戸・新長田には、
みんなが笑顔になれるものが、たくさんあります。
例えば、商店街の各所で展示されている「三国志」、
そして「そば飯」発祥の地でもあり、
美味しいお店もいっぱい!

そして、見た人はMERRYになれる
『幸せの黄色い鳥』が居るというウワサも…
本当にそんな鳥が居るのでしょうか?





「あ!あそこに居るよー!」

子どもたちが、鉄人の足元を指さして
『幸せの黄色い鳥』を発見!!!

イベントに集まったみなさんに、
幸せの黄色い羽をプレゼントしながら
真っ赤なステージの上に舞い降りてきました!

「今日はみんなにMERRYを運びにやって来たよ。
  MERRYとは、幸せなこと、楽しい時、将来の夢...
  みんなが、笑顔になれること!
  だから、MERRY INKOBEは
  神戸のみんなが一緒に笑って、
  その笑顔を、日本中、世界中に伝えることなんだ!」



「今日は、神戸のみんなに笑顔を届けるために、
  MERRYな仲間たちを呼んでるよ!
  まずはこの歌を聴いてね♪」


鳥さんの掛け声で、ステージへやって来たのは、
『はーい にっこり!』の絵本の世界から飛び出してきた
メリーちゃんと、森の動物たち!

昨年末に、『笑顔のまちづくり応援ソング』として
新長田の贈呈した『はーい にっこり!』の
歌とダンスを、披露してくれました!





3)にっこりダンス教室

「みんなで一緒に、にっこりダンスを踊って
神戸の笑顔をもっと増やそう!」


鳥さんのひと声で、にっこりダンス教室がスタート!
イベントに集まった子どもたちや地元の方々に、
その場で、振り付けをレクチャーしてくれました。

「大切なのは、みんなが心をひとつにすること。
  みんなで一緒に笑うことなんだ!

  ここに居るみんなが一緒に笑えば、
  それを見た人たちにも、その先の人たちにも、
  どんどん笑顔が伝わっていくはず。

  さあ、みんなで一緒に、にっこりダンスを踊ろう!





4)みんなで踊ろう!「はーい にっこり!」

昨年、CDを贈呈させていただいた
近田幼稚園の子どもたちも、にっこりダンスに参加!
寒さにも負けず、元気いっぱいに踊っている様子に、
周りの大人たちも思わずにっこり!

それをみていた  おともだち
つられて  にこにこ  わらったよ

という歌詞の通り、
子どもから大人まで、みんなが心を一つにして
たのしく踊っている姿を見て
そこへ集まってきた人たちにも、
笑顔がどんどん伝わっていきました。






5)MERRY UMBRELLA

ダンスで『にっこり!』した後は、
みんなで一緒に、笑顔の傘を開きましょう!

神戸・東北・そして世界中の子どもたちの
笑顔がプリントされた傘を開いて、
新長田の『笑顔の復興』をメッセージしました。

「この笑顔の傘を、みんなで持って
  新長田の商店街をパレードしよう!
  そうしたら、街中に笑顔が広がるはず!」


幸せの黄色い鳥と、メリーちゃんたちを先頭に
MERRY WALKの出発です!!!





6)MERRY WALK へ出発!

鉄人広場をスタートして、
大正筋商店街、1番街商店街、
六間道5丁目商店街を通り、
特設テントのある、六間道4丁目商店街を目指します!

はーい  にっこり!
はーい  にっこり!

『笑顔の傘』の行進に合わせて歌う、
メリーちゃんや子どもたちの歌声が、
商店街のアーケードに響き、
街の色がパッと明るくなりました。






今回は「MERRY IN KOBE」の横断幕も登場!
実はこの横断幕、六間道4商店街にある
冨士屋呉服店・店主の増井さんの発案で誕生しました。

このように、地元の方と共に
アイデアを出し合いながら、
イベントを創ることができたのも、
神戸で活動を継続してきたからこその喜びです!




7)三国志とにっこりダンス!

「あれー!こんな所に、三国志のみんなが!?」

六間道5丁目商店街に到着した
MERRY WALKの一行を待ち受けていたのは、
『六間道三国志なりきり隊』のみなさん!

ここでは、神戸市出身の漫画家・故横山光輝さんの
作品『三国志』で、街を元気にしているのです。
三国志に扮しているのは、
なんと、商店街の店長さんたち!

子どもたちと一緒に、
にっこりダンスを踊っていただきました。

この日のために、にっこりダンスを練習してくださった
三国志メンバーのみなさん、ありがとうございます!

こちらの商店街にある、
『六間道三国志なごみサロン』のモニターでも、
昨年末から、にっこりダンスの映像を上映していただいています。




そしていよいよ、特設テントのある
六間道4丁目商店街にやって来ました!

真っ赤なテントとカーペット、
そしてアーケードの天井から床まで
ずらりと並んだ笑顔の傘。

地元のみなさんに協力していただきながら準備した
笑顔のステージは大迫力です!

MERRY LIVEの始まりを告げに来たのは…




8)MERRY LIVE オープニング

幸せの黄色い鳥さん!!!

お客さんたちに、自分の羽をプレゼントしながら、
ステージにやって来た鳥さん。
一体何をしているのでしょう?

「ぼくは、この街に笑顔を運びにやって来たんだ。
  そして今日ここで集めた笑顔を、
  また次の街へと届けに行くのさ!

  出会った人たちに、笑顔をあげれば、
  自分にも、笑顔が返ってくる。
  だからこうして、幸せの黄色い羽をプレゼントしてるんだ。」


みんなに手渡していた羽は、
笑顔の種だったのです。

神戸のみなさんに、笑顔を運ぶため、
鳥さんと、メリーちゃんたちによる
歌とダンスのMERRY LIVE、はじまりはじまり!!!



9)スタジオTSUBASA LIVE

新長田でもすっかりお馴染みになってきた
笑顔の合言葉『はーい にっこり!』の歌でLIVE開始。

幸せならスキップしよう!
幸せならハイタッチしよう!
幸せならジャンプしよう!

『幸せなら手をたたこう』では、
その場で、お客さんと一緒に歌詞をつくって
みんなで一緒に歌いました!

幸せだから笑うのではない、
笑うから幸せなのだ。
そんなことを実感できる、MERRYなLIVE。

「新長田のみんなの笑顔がどんどん集まって来たね!
  いつか山を越えて、海を渡って、大空を飛んで、
  世界中の人たちに、この笑顔を届けに行きたい!
  だけどぼく…実は、飛べないんだよ。」


そう言って元気をなくしてしまった鳥さんを見て、

「いつか必ず、飛べるようになるよ!」

と声をかけてくれたのは、新長田のみなさん!!
MERRYを運びに来た鳥さんが、
いつの間にか、MERRYをもらう側に。

「ありがとう!諦めないよ!
  願いは必ず、いつかきっと叶う!!」


そんな強い想いで、鳥さんが歌ってくれた
『翼をください』に、商店街のみなさんも感動。
最後は、メリーちゃんと森のおともだちが、
ミュージカル・アニーの名曲『Tomorrow』を歌い、
明日への希望を与えてくれました。






10)マイケル LIVE

LIVE後半を飾ってくれたのは、
アースデイwithマイケルと、MJ関西のみなさん!

ビリージーン、I want you back、
スムーズ・クリミナル、スリラー、Heal the world
などの名曲で、ダンスを次々と披露してくれました。

商店街に突然現れた、マイケルジャクソンに
子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまで、大興奮!
会場は、冬の寒さを吹き飛ばす、熱気に包まれました。

マイケルジャクソンと神戸。
実はここには、深いつながりがあります。

阪神淡路大震災の被害を知ったマイケルは、
自ら作詞・作曲をして、98年と99年に
2曲のチャリティーソングをつくり、
神戸のために贈ってくれたのです。





マイケルステージのラストは、
そのうちの1曲『People of the world』の大合唱!
地元の方々も、様々な想いを巡らせながら
この歌のメッセージを噛み締めている様子でした。

アンコールでは、『Beat it!』をみんなで踊り、
笑顔でLIVEを締めくくってくれました。

最後には、MJ関西の方から、
昨年に引き続き、1.17という日に
新長田のステージに立つことへの強い想いと、
地元の方々への感謝とエールが語られました。

素晴らしいパフォーマンスを披露してくださった
マイケルチームのみなさん、ありがとうございます!




11)MERRY IN KOBE 2016フィナーレ 

フィナーレは、神戸の『笑顔の復興』への願いを込めて
参加者全員で笑顔の傘を開き、
にっこりダンスを踊りました。

「新長田一帯が温かい気持ちで包まれ、
  今日からまた頑張るキッカケを、みなさんに与えて頂きました。」

最後にそう語ってくださったのは、
冨士屋呉服店の店主・増井さん。
この日に向かって、昨年の企画段階から、
ずっと協力をしていただいていました。







増井さんだけではありません。
イベント開催にあたり、たくさんの方々から
力を貸していただきました。

神戸・新長田のみなさんと一緒に
力を合わせて、笑顔の1日を創り上げた
そのプロセスこそが『MERRY IN KOBE 2016』です。

1.17という日が過ぎても、
MERRY IN KOBE は続いていきます。
新長田での、笑顔のまちづくりを目指して、
地元の方々と共に、1歩ずつ歩んでいきます。

はーい にっこり!

神戸の笑顔は、未来への希望です!!!




今回お世話になった神戸櫻珈琲さんでは、
「はーいにっこり!」の絵本とCDのチャリティ販売を継続中。
是非、皆様からの応援、引き続きよろしくお願いいたします。


〈 企画協力 〉
・六間道4丁目商店街
・六間道5丁目商店街
・新長田一番街商店街
・株式会社神戸ながたTMO
・NPO法人KOBE 鉄人 PROJECT
・新長田まちづくり株式会社

〈 協力 〉
・学校法人 認定こども園 近田幼稚園
・冨士屋呉服店
・フルーツしまざき
・神戸桜珈琲
セブンイレブン神戸二葉町店
・関西音響レンタル

出演
・翼ひかる(幸せの黄色い鳥)
・スタジオTSUBASA(メリーちゃんと森のおともだち)
・アースデイ with マイケル
・MJ関西

ページのトップへ